無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


急拡大する「クリエイターエコノミー」4つのトレンド。TikTok、Instagram、YouTube…4600億円の市場を制するのは?

インフルエンサーマーケティング

マーケターにとって、インフルエンサーは重要な存在だ。

GettyImages

2021年12月、インフルエンサーマーケティング会社であるマーベリック(Mavrck)は、40億ドル(約4600億円)以上とも言われるアメリカのインフルエンサーマーケティング業界でより多くのシェアを獲得するために、投資会社のサミット・パートナーズ(Summit Partners)から1億2000万ドル(約140億円)を調達した。

同社はこの資金で会社を成長させたいと考えている。そして、消費者をターゲットにしたインフルエンサーキャンペーンを展開したいマーケターのために、データツールを構築する予定だ。マーケターがさまざまなプラットフォームを使いインフルエンサーを探すのが一般的になるなか、マーべリックにとって、データサイエンティストやエンジニアの採用を増やすことが急務だ。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティング会社、マーベリックのライル・スティーブンス共同創業者兼CEO。

Liam Noonan

資金調達が行われた今回のタイミングは、クリエイターエコノミーにとっては重要な時期だ。いまや何千万人もの人々が、自分自身はコンテンツクリエイターだと考えているし、インフルエンサーのスタートアップは数十億ドルを調達しているのだ。

しかも、SnapやFacebook(現在はメタのSNSプラットフォーム)といったSNSの老舗は、AR(拡張現実)とメタバースに軸足を移しつつある。また、バイトダンス(ByteDance)が所有するTikTokは、Instagramに代わって若いユーザーの間で人気のアプリとなっている。

Insiderは、マーベリックのライル・スティーブンス(Lyle Stevens)CEOに、今後数年間でクリエイターエコノミーはどのようなトレンドをたどり、どれが衰退していくと考えているのかを聞いた。彼が語った4つの重要なポイントを紹介する。

1. TikTokは今後5年、インフルエンサーマーケティング業界を独占する

2021年は、TikTokにとって飛躍の年となったことは間違いない。

TikTokの全世界の月間アクティブユーザー数は10億人を超え、Instagram、Snapchat、YouTubeが似たようなサービスをリリースしようとしても、TikTokの人気を抑えることはほとんどできなかった。マーベリックによれば、TikTokアプリのアクティベーション数は2020年から2021年にかけて390%増加したという。

「今、お金の流れは、InstagramからTikTokへと劇的にシフトしています」とスティーブンスは言う。「我々の知る限り、TikTokのフィードは現在、Instagramよりも優れたアルゴリズムで抽出されています。そして、TikTokへのお金の流れは加速する一方です」

スティーブンスは、TikTokは勢いがあるとはいえ、もしARやまだはっきり確立されていないメタバースが成功すれば、他のプラットフォームに取って代わられる可能性はあると言う。

「今後5年間はTikTokの独壇場になるでしょう。しかし今から5年後には、振り子がメタ(旧フェイスブック)に戻る可能性があります」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular