イーロン・マスクに学んだ貴重な教訓の数々。テスラの元幹部・エンジニア9人が明かす

2003年の創業以来、テスラは従来の自動車業界とは異なる斬新な方法で、設計から製造まで行ってきた。

その中にはうまくいったものもあれば、そうでないものもある。しかしテスラは、チップ不足やパンデミックによる生産の混乱にもかかわらず、クリエイティブな事業戦略が功を奏して2021年に過去最大の利益を上げた。

一方、イーロン・マスクCEOの対外的言動から、テスラは物議を醸すことが多い。オートパイロット機能に起因する問題にも悩まされている。最新版の完全自動運転ソフトウェアについては、マスク自身が「良くない」と言う。アメリカ政府は、テスラの運転支援システム事故の調査を連邦レベルで開始し、テスラは安全上の問題から約50万台をリコールした。

そのようなことはあるにせよ、テスラの「卒業生」たちは、同社の予測不可能な状況から多くの教訓を得ている。テスラ時代にマスクからどんなことを学び、会社を移った後はその教訓をどう生かしているのか。元テスラの幹部・エンジニア9人に訊いた。

ジーン・ベルディチェフスキー(シーラ・ナノテクノロジーズ創業者兼CEO)

ジーン・ベルディチェフスキーの写真

ジーン・ベルディチェフスキーは「テスラ7人目の従業員」として業界で知られている。

Sila Nanotechnologies

ロードスター(Roadstar)のリチウムイオンバッテリー主任エンジニアを務めたジーン・ベルディチェフスキー(Gene Berdichevsky)は、テスラの7人目の従業員として知られる。

そのベルディチェフスキーは、マスクがテスラの代名詞となる前からこんな教訓を学んでいたという——ユニークなことを為すには、自立して全く新しいことを始める意志が必要。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

ukraine-crisis

【ウクライナ危機】「ロシアへのエネルギー依存」で弱腰のヨーロッパ。これ以上こじらせたくない事情とは

  • 土田 陽介 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 副主任研究員]
  • Jan. 27, 2022, 01:00 PM

Popular