世界初「メタバース上場式典」も産業化は遠く。ブームはNFTとエンタメに移行

インサイドチャイナ

ネットイース系音楽プラットフォームの上場式典はリアルとメタバースで同時開催された。

新華社動画アカウントより

パナソニック、キヤノン、ソニーと日本を代表するメーカーが、5~10年後には100兆円規模に成長するとも言われるメタバースビジネスに踏み出した。一方、中国ではゲーム会社やVRデバイスメーカーの株価が急騰するブーム「第一幕」が一段落し、NFTやコンテンツ業界がにぎわう「第二幕」にシフトしている。

上場式典にバーチャルCEO

フェイスブックが「メタ(Meta)」に社名を変更し、メタバース企業への転換を宣言した2021年秋以降、メタバース環境を体験できるイベントやツールが相次ぎ登場した。企業から個人投資家まで新しい技術に敏感な中国でも、“世界初”と称するさまざまな動きがある。

ゲーム大手網易(ネットイース)グループで、2021年12月12日に香港証券取引所に上場した音楽プラットフォームの網易雲音楽(ネットイース・クラウド・ミュージック)は、メタバースで上場セレモニーを開催した。

仮想空間の取引所には、AIで再現した起業当時のバーチャル丁磊CEO(29歳)と2021年時点の50歳のバーチャル丁磊CEOが並び立ち、本物の取引所にいる丁磊CEOと同時に上場の鐘を鳴らした。

ネットイースはテック大手の中でもメタバース構築に積極的な姿勢を見せており、12月下旬には観光都市の三亜市に海南本部を設立し、メタバース産業拠点プロジェクトを立ち上げると発表した。

検索ポータルのバイドゥ(百度)は12月27〜29日のAI開発者大会を、バイドゥが構築する仮想都市「希壌」で開催した。

もっとも、テック大手によるこれらの動きは、具体的なサービスのお披露目ではなく、すい星のように現れた「メタバース」の認知の拡大、話題づくりにすぎない。

メタバースは「人が実世界と同様に相互に交流できる仮想空間」だが、バイドゥの仮想都市はアバター同士の交流はできず、参加者ができるのは歩き回ることだけ。「何だかよく分からない」「期待外れ」との感想があふれた。

関心はゲームから仮想資産へ

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み