無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


VCの2021年投資額はグローバルで倍増。70兆円超の投資先・ステージごとの投資額の伸びは?

2021年通年のデータがまとまった今、ベンチャーキャピタル(VC)の投資額はまさに驚きの水準だったことが明らかになった。そして2022年も、引き続き投資活動が活発となる兆候がすでにある。

米ビジネス情報サービス会社のクランチベースによると世界のVC企業は2021年、スタートアップ企業に合計で6430億ドル(約73兆円)を投じた。3350億ドル(約38兆円)だった2020年と比較すれば、実に92%増となる。

こうした数字は、調査企業ピッチブックの報告書とも一致している。同社によるとベンチャー企業への投資は世界全体で、2020年の3467億ドル(約40兆円)から2021年は6710億ドル(約77兆円)に達したという。

なお、アメリカのベンチャー投資額は2021年、世界合計の50%弱となる3299億ドル(約38兆円)となり、2020年の合計1666億ドル(約19兆円)からほぼ倍増したことになる。

さらに、アメリカのVCは2021年、ファンド向けに1280億ドル(約15兆円)以上を調達しており、その財源にはまだキャッシュが潤沢に残っている。

上位の投資先やステージは?

ビノッド・コースラ

ビノッド・コースラが率いるVC、コースラ・ベンチャーズは2021年、シードステージのスタートアップ企業向けのファンドで4億ドル(約460億円)を調達した。

Khosla Ventures

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular