無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


回転砥石で手軽に素早く刃を砥げる! 京セラのファインセラミック砥石で切れ味を維持

画像

Photo: 田中宏和

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンから一部編集の上、転載しています

切れ味の悪いナイフや包丁には、本当にガッカリさせられる

しかし砥石で砥ぐのは少なからず手間がかかるし、何よりそう簡単なことではない。

そこで、「京セラ ファインセラミック砥石 金属包丁用 RS-20BK」をチェックしてみてほしい。

いわゆるシャープナーの一種だが、筆者が試してみたところ、一般的なタイプより刃研ぎ性能が優れていると感じられた。

回転する砥石

画像

Photo: 田中宏和

独特な丸い回転砥石は、平滑面と溝切り面が半分ずつになっている仕様。

これによって、荒砥ぎと仕上げ砥ぎを同時にこなせるというのが「ファインセラミック砥石」の特長だ。

刃先に無用なダメージを与えないように、力加減に気をつけながら動かすといいだろう。

画像

Photo: 田中宏和

軸が斜めになっており、回転する砥石の円周部分が刃に当たるため、刃に対してほぼ垂直方向に砥げるところがポイント。

横に滑らせるだけの一般的なシャープナーより切れ味が良くなるのは、これが理由ということだ。

手軽に使える

画像

Photo: 田中宏和

仕組みは少々ややこしいが、使い方は実に簡単だ

溝に沿ってナイフ、包丁を10回ほど前後させるだけで、切れ味が復活する。

気になったときにサッと砥げるし、価格もリーズナブル。とりあえず、ひとつ持っておくと重宝するだろう。

Photo: 田中宏和

Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み