無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ものをなくしやすい自分には、汎用性が高い極小財布が便利だった

DSC03593

Photo:中川真知子

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンから一部編集の上、転載しています。

先日、気に入っていたアクセサリーを無くしてしまった。外したのかもしれないし、落ちたのかもしれない。原因はわからないががとにかく、ない。

思い返せば、筆者は小さいものを無くしやすい。

家には小物入れがあるし、ちゃんと管理もできている。でも、外では…?

そう思い、外で役立つ小物入れを手に入れることにした。

超ミニマムな小銭入れ

DSC03592

Photo:中川真知子

筆者が手に入れたのは、drip(ドリップ)の最小の小銭入れ「CHIP」だ。

4.5×4.5cmとほぼコインサイズ。YKKのスライドファスナーの引き手部分に穴があるので、二重カン(隙間を広げて通すリング)で鍵のキーホルダーとして使っている。

DSC03584

Photo:中川真知子

何を入れてもいいサイズ感

DSC03589

Photo:中川真知子

小銭も入るし、小さく折り畳めばお札も入る。普段はキャッシュレスだが、緊急用として「CHIP」に小銭を入れておいてもいいだろう。

DSC03590

Photo:中川真知子

しかし、筆者はあえて何も入れない。

…というのも、外出先での「小さいものの一時保管場所」にしたいからだ。例えば、手洗い時に外した指輪や、使用済み豆電池(間違えて息子が拾い、捨てるのも危ないので持って帰って捨てる)、財布に入らない小銭などなど。

DSC03586

Photo:中川真知子

もちろん、SIMピンやSDカード、ゲームのカートリッジなどを持ち運ぶのにも良いだろう。基本的に空にしておけば、汎用性の高い小物入れとして活躍してくれるはず。

Airtag入れに

DSC03605

Photo:中川真知子

Appleの探し物タグAirtagを入れるにも良さそうだ。

少し極端な例だが、盗難されたバッグの中にAirtagがわかりやすく入っていれば、当然捨てられてしまうだろう。

だが、「CHIP」の中だったら見えない。二重カンで貴重品につけておけばカモフラージュになるかもしれない。

執筆時点のカラーバリエーションは、筆者が持っている「トープ」ほか、茶色い「モカ」と鮮やかな黄色の「リモーネ」がありました。複数手に入れて、メインバッグの色に合わせて使い分けても良さそうだ。

※表示価格は執筆時のもの。変更や売り切れの可能性もありますので、それぞれ販売ページでご確認ください

Photo: 中川真知子

Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由してアマゾンで製品を購入すると、編集部とアマゾンとのアフィリエイト契約により、編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み