無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


テスラの航続距離を「2倍にした」…バッテリーのスタートアップ企業が実験結果を発表

Michigan Novi

Courtesy of Our Next Energy

  • Our Next Energyがテスラ モデルSの航続距離の記録を752マイル(約1210km)に伸ばしたという。
  • このスタートアップ企業は、同社の試作バッテリーには、テスラ モデルSのバッテリーの約2倍のエネルギー容量、エネルギー密度があると主張している。
  • テスラの最長距離モデルの航続距離は、充電1回で約400マイル(約644キロメートル)だ。

あるスタートアップ企業が、テスラ(Tesla)の航続距離を新開発のバッテリーで2倍に伸ばせると主張している。

ミシガン州にあるOur Next Energy(ONE)は2021年12月、2021年式テスラ モデルSに独自に開発したバッテリーを搭載して、ミシガン州内を走行した。同社が試作したバッテリーは真冬にもかかわらず、752マイル(約1210km)の走行中に一度も充電する必要がなかったという。

同社によると、走行時の平均速度は時速55マイル(約88.5km/h)で、この結果は動力計(エンジンのパワーを測定するための装置)を使って第三者によって検証されたという。

ONEは、今回の走行テストは業界新記録を更新して、同社のバッテリーの性能を実証するために行ったと述べている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み