大企業からベンチャーに大転職時代の幕開けか。入山章栄が2022年の「4つの展望」を語り倒す

今週も、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄先生が経営理論を思考の軸にしてイシューを語ります。参考にするのは先生の著書『世界標準の経営理論』。ただし、本連載はこの本がなくても平易に読み通せます。

長引くコロナ禍。今年はどのような一年になるのでしょうか? 経済崩壊、地政学リスク、大転職……入山先生が2022年の4つの展望を解説します。

【音声版の試聴はこちら】(再生時間:10分52秒)※クリックすると音声が流れます


コロナショックの次は、経済ショックに地政学ショック?

こんにちは、入山章栄です。

早いものでこの連載も第90回。100回も目前に迫ってきました。引き続きご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


BIJ編集部・小倉

BIJ編集部・小倉

入山先生、1月も半ばになりましたが、2022年はどのような年になりそうでしょうか?


そうですね。僕の予想というか展望は、次の4点です。

(1)アメリカのバブルがはじけるかもしれない

(2)中国・ロシアの地政学的リスクが高まる

(3)日本初のコンテンツが花開く

(4) 大転職時代の到来

「(3)日本初のコンテンツが花開く」というのは、前回(第89回)でお話ししたことですね。

(1)の「アメリカのバブルがはじけるかもしれない」というのは僕ではなく、先日、某YouTube番組でお会いした森永卓郎さんがおっしゃっていたことです。

ロバート・シラーという経済学者がつくった、「シラーPER」という経済指標があります。これは企業のPER(株価収益率:株価が一株当たり利益の何倍になっているかを表す指標)を改良して、その国の企業全体で足し上げたものだと思ってください。

一般に企業のPERはだいたい10前後。20になるとすごくいい会社とされています。逆に言うと、経済全体でシラーPERが20までいくと「その国ではどの会社もすごくいい会社」ということになる。でも現実にはそれはあり得ないですよね。ですからシラーPERが20を超え出すと景気は過熱気味、ということになる。

しかしいまアメリカ全体のシラーPERは、実は39もあるのです。アメリカのすべての会社の業績がそんなに極端にいいわけがない。ということは景気がかなり過熱気味で、いつバブルがはじけてもおかしくない状態だということです。

2022年は、アメリカはテーパリングという量的金融緩和政策を少しずつ進めることで、景気を落ち着かせようとしている。しかしそのブレーキの踏み方を一歩間違えると、ドスンと落ちることもあり得る、これが森永さんの意見です。

では日本はどうかというと、日本もリスクがあります

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ukraine-crisis

【ウクライナ危機】「ロシアへのエネルギー依存」で弱腰のヨーロッパ。これ以上こじらせたくない事情とは

  • 土田 陽介 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 副主任研究員]
  • Jan. 27, 2022, 01:00 PM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み