無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ドアダッシュが小売宅配市場に進出。フェデックス、UPSの牙城は新たな成長機会になるか

ドアダッシュ

2021年末の一連の発表の通り、ドアダッシュは小売店向けの配達に積極的だ。

DoorDash

主に飲食店向けの出前として始まったギグエコノミーの配達サービス企業が、対象を小売店にまで広げようとしている。2021年末に続々と発表があった通り、おそらくその点で一番積極的なのはドアダッシュ(DoorDash)だろう。

ドアダッシュはこれまで1年以上にわたり、ウォルグリーン(Walgreens)、ウォルマート(Walmart)、CVS、セブンイレブンなど、飲食業界以外のパートナーを増やしてきており、インスタカート(Instacart)の直接の競合となってきていた。しかし、このように小売店を増やしていけば、宅配業者の競合にもなっていくかもしれない。

小売店の宅配サービスに進出

ドアダッシュは2013年の創業当初、地元のあらゆる商店からの配達サービスを提供していた。その後飲食に特化し、グラブハブ(Grubhub)やウーバーイーツ(Uber Eats)を凌駕するようになっていった。今やその圧倒的なマーケットシェアを強みに、ペット用品からトイレットペーパーまで、再びあらゆるものを配達対象にしようとしている。

食料品を扱わないパートナーの中でも取引の長い企業の一つがメイシーズ(Macy's)だ。ドアダッシュの広報にメールで確認したところによれば、2021年に追加されたパートナーは、ペットスマート(PetSmart)、ベッド・バス&ビヨンド(Bed Bath & Beyond)、バイバイ・ベイビー(Buybuy Baby)、ラッシュ(Lush)、アルタ(Ulta)、シュー・カーニバル(Shoe Carnival)、J.C.ペニー(JCPenney)、パクサン(Pacsun)とのこと。最後の4社については、UPSとフェデックス(FedEx)がクリスマスギフトの集荷を締め切ってすぐ後の2021年12月中旬に発表された。

「業務を改善し即日配送サービスを提供することで、リアルタイムの配達を可能にし、お客様のニーズを以前より満たせるだけでなく、休日、ネットショッピングで買い物かごに商品を入れたまま決済せずに終わるお客様を減らすことができるでしょう」とパクサンのEコマース担当バイスプレジデントのミミ・ルイスは述べている。

小売業者側は即日配送により、すぐに商品が欲しい顧客からの売上を伸ばすことができ、また店舗からネットショッピング向けに商品を簡単に発送できない店にとっても、在庫の流動性に貢献してくれることになる。サプライチェーンの遅れが続くなか、在庫を顧客向けにさらに出荷できるのはプラスだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular