無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


6人の仮想通貨専門家に訊く、2022年のビットコイン価格見通し。イーサリアム・ソラナなど有望アルトコインの行方も

2021年は、誰が見ても仮想通貨相場が乱高下した1年だった。その時価総額は年初の8000億ドル(約91兆円)弱から、最終的に287%増の2兆3000億ドル(約262兆円)まで急増した。

果たして2022年も仮想通貨は上昇を続けるのか。中でもビットコインの価格見通しや、イーサリアムやソラナなどの台頭するアルトコインの有望株については気になるところだ。

Insiderは業界幹部、投資家、アナリストなど6人の専門家に話を聞き、予測を以下にまとめた。

ホン・ファン(OKコインCEO)

暗号資産取引所OKコインのホン・ファンCEO。

暗号資産取引所、OKコインのホン・ファンCEO

OkCoin

OKコインのホン・ファン(Hong Fang)CEOは、2021年は仮想通貨業界の開発が進んだ年であり、それは2022年における強気相場を示唆すると考えている。

開発者がスマート・コントラクト・プラットフォームの上に分散型アプリケーションを開発したり、アーティストがNFTを利用したりすることで、この1年間、仮想通貨業界は活気あるクリエイターエコノミーを構築してきた。

ファンは、以前検討した一定のシナリオ下では、ビットコイン価格が2021年末までに10万ドル(約1140万円)に達する可能性があるとしていたが、2021年後半においては、それが達成しそうにないと見方を変えていた。

ファンはInsiderの取材に対し、「(仮想通貨市場は)自由な市場ですが、人の行動によって動く市場です。そして、人の行動は全く合理的なものではありません。人は焦って先走り、欲を出し、うまくいかないと怖くなるのです」と述べる。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular