無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


SNSの年齢制限「13歳以上」は妥当?…その根拠は90年代の法律だった

メタのCEO、マーク・ザッカーバーグ。

メタのCEO、マーク・ザッカーバーグ。

REUTERS/Erin Scott/File Photo

  • フェイスブックなどのSNSを利用できるのは、13歳以上だ。
  • この年齢基準は、子どもの行動追跡やデータ収集を禁止する1990年代の法律にさかのぼる。
  • 専門家は「恣意的な年齢基準」だと言い、仮に基準を引き上げても、子どもの安全は確保できないと述べている。

子どもは13歳になると、フェイスブック(Facebook)、ツイッター(Twitter)、インスタグラム(Instagram)、レディット(Reddit)といったSNSを使えるようになる。

その理由は、1998年にできた法律にそう書かれているからだ。

児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)は、オンラインプラットフォームが広告のターゲティングやトラッキングのために、13歳未満の子どもの個人情報を収集することを防止するのが目的だった。だがその後、16歳未満の儲かる市場に参入しようとする大手テック企業によって、最低年齢の基準として利用されるようになった。

専門家は、この法律が子どものオンラインでの安全を守るための包括的な手段にならなくても、現代にあわせた年齢制限の引き上げを業界が支持すべきだと述べている。

「原始的とも言える広告だった1990年代に比べて、我々は大きく異なるインターネット体験をしている」とスタンフォード研究所「人間中心のAI研究所(Human-Centered AI)」のジェニファー・キング(Jennifer King)はInsiderに語った。彼女は13歳という年齢制限は、「問題がある」とともに「恣意的」なものだと述べた。

規則に関わらず、子どもはインターネットにさらされる

危険なSNSのトレンド。

危険なソーシャルメディアのトレンド。

Shayanne Gal/Insider

フェイスブックなど、多くのプラットフォームは、アプリの使用前にユーザーが13歳以上であることを確認する。だが、それだけだ。子どもたちは嘘をつくことで回避することができ、企業が法的責任を負うことはない。

つまり、世界中の子どもたちが13歳以上を装い、企業は彼らの閲覧などの行動データを自由に集められるということ。

「年齢基準を引き上げる場合、我々は行動ターゲティング広告の禁止を求める」と、コモン・センス・メディア(Common Sense Media)の政策顧問を勤めるアイリーン・リー(Irene Ly)はInsiderに語った。

「子どもが見ているものに最善の注意を払いたいと考えている親にとって、助けになるだろう」

オンラインプラットフォームは、彼らと子どもたちの障壁を最小限にしようとしている。Z世代のホットスポットであるティックトック(TikTok)に集まる若いユーザーをひきつけるために苦労しているのだ。

「特にフェイスブックは、自分たちが若者のためのプラットフォームではないことに気づいており、存亡の危機を迎えていると言っていいだろう」と、キングは述べた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み