無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカ人は年収1000万円以上でも不安を感じている…最新の調査で

アメリカ人は、インフレが進む中、家計に対して不安感を抱いている。

アメリカ人は、インフレが進む中、家計に対して不安感を抱いている。

RAMON VAN FLYMEN/Getty Images

  • 新たな調査によると、アメリカ人は、家計を健全に保つには12万2000ドル(約1400万円)の年収が必要だと回答している。
  • 不安定な状況、インフレ、格差の拡大により、アメリカ人は家計に不安を抱くようになっている。
  • 多くの人が「大退職」して、より高い収入を求めて転職するのもそのためだ。

家計を健全に保つには、これまで以上の年収が求められている。

Personal Capitalとハリス・ポール(Harris Poll)は2021年の第4四半期に、2000人以上のアメリカ人を対象に意識調査を行った。それによると「アメリカ人が家計は健全だと感じるには平均して12万2000ドル(約1400万円)の年収が必要」だという。これはアメリカの平均年収である6万6665ドル(約760万円)の約2倍にあたる。

調査の報告書によると、この金額には、アメリカ人が個人の家計と国の経済の両方に対して抱いている自信のなさが表れているという。実際に、「家計は極めて健全」と回答したのは、2021年第1四半期には48%だったが、同年の第4四半期には34%に低下しており、アメリカ経済に対する信頼感も、1年前より2%、パンデミック前より12%も低下している。

報告書では、このような落ち込みについて、不安定な年であったこと、商品やサービスの価格が高騰したこと、ハイテク部門で「富が爆発」したことなど、さまざまな原因があるとしている。特に好調なハイテク部門に関しては、富裕層がより豊かになる一方で、低所得の労働者は失業や生活費の支払いに苦しむという格差拡大の一端を示しており、それがK字回復(回復の二極化)につながっている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み