無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


直径1キロの小惑星が地球付近を通過…1月19日早朝(日本時間)、月の約5倍の距離

地球を通過する小惑星を追跡できるNASAのウェブサイト「アイズ」のスクリーンショット。

地球を通過する小惑星を追跡できるNASAのウェブサイトのスクリーンショット。

NASA

  • 数百メートルの大きさの小惑星が、1月18日に地球の近くを通過すると予想されている。
  • NASAはこの巨大な宇宙の岩を「潜在的な危険」と分類している。
  • 小惑星は地球から約200万キロメートル離れたところを通過し、その様子はオンラインで追跡することができる。

巨大な小惑星が地球に向かっている。

しかし、心配はいらない。小惑星はネットフリックス(Netflix)の映画『ドント・ルック・アップ(Don't Look Up)』のように地球を直撃することはない。小惑星は、アメリカ東部時間の2022年1月18日午後4時51分(日本時間19日午前6時51分)、地球から約120万マイル(約200万キロメートル、地球と月の距離の5倍以上)離れたところを通過すると予想されている。

この小惑星「7482(1994 PC1)」は幅が約1000メートルで、1994年に天文学者のロバート・マックノート(Robert H. McNaught)によって発見されて以来、NASAの科学者によって追跡されてきた。この小惑星は、今後数週間のうちに地球を通過するいくつかの大きな小惑星の一つだ。

「地球近傍小惑星『1994 PC1』は非常によく知られており、専門家によって何十年にもわたって監視されてきた」とNASAは1月12日にツイッター(Twitter)に投稿した。 「安心してほしい。1994 PC1は、我々の惑星を安全に通過する」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み