無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


30歳のファイナンシャル・プランナーは、なぜマイホームの購入ではなく南極旅行に約230万円を使ったのか

ノースアップ夫妻

家を買うよりも「一生に一度」の旅を2人は選んだ。

Jake Northrup

  • あるファイナンシャル・プランナーの男性は、マイホームの購入を遅らせることで2万ドル(約230万円)の南極の旅に出ることができた。
  • 男性とその妻は、自分たちの純資産を増やすよりも人生を体験することの方が大切だと気付いたという。
  • 住宅価格といった経済の状況に自分たちの決断を左右されたくなかったとも男性は話している。

もし手元に2万ドルあったら、あなたは冒険の旅に出るだろうか? それともマイホームの頭金にするだろうか?

専門家に相談した場合、一般的には不動産に投資して長期的に純資産を増やすようアドバイスされることが多いものの、あるファイナンシャル・プランナー(CFP)はそうはしなかった。CFPのジェイク・ノースアップさん(30)と妻のケイ・ノースアップさん(27)はマイホームの購入計画を後ろ倒しにして、南極旅行へ出かけることにした。

2人は"最小限のセーフティーネット"として、常に4万ドルは貯金しておくようにしていたとジェイクさんはInsiderに語った。2021年1月にはその額が6万ドルになっていたので、2人は差額の2万ドルについて、2022年か2023年にマイホームを購入するという目標を達成するために貯金を続けるか、マイホームの購入を2023年か2024年に延期して使ってしまうか、どうするのが一番良いお金の使い方かを考えた。

最終的に2人は自分たちの"価値"に行きついた。ジェイクさんとケイさんにとって一番大切なのは"旅行"だった。

「わたしたちの絆を強め、わたしたちの世界観を広げ、わたしたちに最も幸福感を与えてくれるのが旅行なんです」とジェイクさんは説明した。

「自分たちの純資産を増やすよりも、自分たちの価値観に従って自分たちの人生を生き、経済的に責任ある方法で人生を存分に味わうことがわたしたちの目指すところです」

ノースアップ夫妻

南極で。

Jake Northrup

もちろん、ミレニアル世代の若者が誰しも2万ドルの貯金があるわけではない。アメリカでは、ミレニアル世代の住宅ローン以外の債務の中央値は2万4929ドルだ。ただ、お金に余裕があったとしても、その使い道、優先順位はさまざまだ —— Insiderとモーニング・コンサルト(Morning Consult)が2019年に実施した調査では、ミレニアル世代の大半は、自由に使える1000ドルがあったら、債務の返済にあてるか貯金に回すと答えたものの、旅行やショッピングに使うと答えた人たちもいた。

ノースアップ夫妻の考え方は、ミレニアル世代がいかにしてアメリカン・ドリームを定義し直し、自分たちの思い通りの生活を送ろうとしているかを象徴している。住宅危機、新型コロナウイルスのパンデミック、新たに芽生えた人生観をきっかけに、アメリカ人が自分たちにとっての"最良の人生"を考え直す中、郊外にマイホームを購入するといった第二次世界大戦後のいわゆるアメリカン・ドリームは崩壊した。多くのミレニアル世代にとって、アメリカン・ドリームとはこれまで「すべき」とされてきた伝統的な人生の決断よりも、自分たちの情熱の追求を優先することだ。

ノースアップ夫妻の考え方は、大胆に見えるかもしれない。彼らの世代は40歳になる前に2度の不況を経験し、驚くほどの学生ローン生活費の高騰住宅危機に直面してきた。住宅購入から今、自主的に身を引くのは、初めてのマイホームをどうにかして手に入れようと躍起になっている人々とは対照的だ。

ただ、ノースアップ夫妻は自分たちの決断を住宅価格や住宅ローンの金利といった外部要因に左右されたくなかったと話している。2人は自分たちが正しいと思うことをしたかった。南極でペンギンやクジラと過ごすこともその1つだった。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み