無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


刃物を扱うときのケガ対策に。防刃仕様の手袋を装備しておくと安心!

画像

Photo: 田中宏和

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンより一部編集の上、転載しています。

痛いケガはしたくないものだ。

ミドリ安全 耐切創手袋 カットガードG150」は、うっかり刃物で手や指を切っても大丈夫な手袋。

機械メンテナンスや、電動工具を使ったDIYに限らず、通販のダンボールをナイフで切るときなど、刃物のリスクは日常的にあること。

この手袋は、刃物を扱うときの転ばぬ先の杖だと言える。

実際に切ってみた

画像

Photo: 田中宏和

レビューするからには、実際に切れないのかどうか、試さないわけにはいかない。

しかし、さすがに装着した状態で自分の手を切りつけるのは怖いので…荷物を梱包するときに使うエアクッションでテストしてみた。

画像

Image: 田中宏和

手袋がないと、ご覧のとおり。

もちろん、こうなるのは当然のこと。

これが自分の手だったらと考えると、全身の毛が逆立つ思いだ

耐切創手袋を装着

画像

Image: 田中宏和

続いて、「耐切創手袋」を着けた状態で切ってみたのが、こちら。

画像の容量の関係で3秒程度に短く編集しているが、何度かゆっくり引いてみたり、前後に動かしてみたり、どうにか切り裂こうと頑張ってみた。

最後には思いっきり叩きつけてみたものの、まったく切れていない

コレは十分に実用できるはずだ。

ただし「耐切創手袋」は、突き刺しには対応できない。くれぐれもこの点は誤解のないようにしつつ、ご活用いただきたい。

Photo: 田中宏和

Image/Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み