無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NBAの試合をリアルタイムで仮想世界に…メタバースのような視聴体験を提供

ブルックリンネッツのカイリーアービング#11とパティミルズ#8。

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービング(左)とパティ・ミルズ。

Jason Miller/Getty Images

  • NBAのブルックリン・ネッツは、「ネタバース」と呼ばれる独自の仮想世界を立ち上げた。
  • ツイッターに投稿されたビデオで、このテクノロジーを導入した最初のプロスポーツチームだと述べている。
  • コート周辺の100台以上のカメラが捉えた試合の映像を仮想レンダリングという。

NBAのブルックリン・ネッツ(Brooklyn Netsは、「ネタバース(Netaverse)」と名付けられた独自の仮想世界を作り出した。

この名前は、人々が自分自身のアバターで交流する仮想世界であるメタバースをもじったものだ。

コートの周りにある100台以上のカメラが、「信じられないほどリアルな3Dレンダリングを数秒で生成する」ビデオシステムに接続されていると、スポーツ専門放送局のYESネットワークはツイッター(Twitter)に投稿されたビデオで述べている。

2021年1月15日、ネッツのホームコートであるバークレイズ・センターでニューオーリンズ・ペリカンズと対戦した際に、この新技術が世界で初めて公開された。

「ネタバースは、視聴者を今まで見たことのないようなコートの場所に連れて行く」とYESネットワークは述べている。映像では、通常のバスケットボールの試合と同じように、ネッツの選手たちがコートを駆け回っているのが見えるが、この選手たちはデジタルデータだ。

YESネットワークによると、この技術を導入したプロスポーツチームはネッツが初めてだという。チームの担当者は、Insiderのコメント要請にはまだ応じていない。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み