無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2022年にIPOが予想されるスタートアップ4社。評価額11兆円超えの“大本命”とは?

新規株式上場は、素晴らしい企業に最初から投資できる絶好のチャンスだ。しかし、状況が悪化する前に経営者たちが会社を現金化するための手段となってしまう場合もある。

どちらのパターンなのかを見定めることは簡単ではない。上場後に株価が急上昇する場合もあれば、少なくとも短期的には投資家が含み損を抱えてしまうこともある。

投資家が見極めなければならないのは、成長を加速させるための資金調達を目的とした上場なのか、一番いい時に現金化したい創業者のための上場なのか、ということだ。

投資家側がどれくらい保有しようと考えているかも重要だ。何年も持ち続けるつもりなのか、数カ月で売却を迫られる株なのか。新規上場株は通常、何年も持ち続けようとする人にこそふさわしい。

「2022年は間違いなく、注目される多くの有名企業がIPOをするでしょう」と言うのは、オンラインブローカーであるフリーダム・ファイナンス(Freedom Finance)の投資調査部ヘッド、マキシム・マントゥロフ(Maxim Manturov)だ。

「多くの企業が大きく成長した2021年を経て、どの業界でも企業トップは上場することでさらなる成長・事業拡大を狙っています。盛り上がりを見せるIPO市場の2022年の見通しは、史上最高だった2021年に続いてかなり明るく、ペースダウンする様子はありません」

アーンスト&ヤングのグローバルIPOトレンドのレポートによれば、2021年には世界のIPO件数は前年比64%増、調達額は67%増となった、とマントゥロフは指摘する。

「本質的に、史上最高の成長率を見せている新規上場の波に乗りたいと思っている人は、投資判断をする前に企業のファンダメンタルズを調べることが重要です」

投資家にとっては、投資先になる新規公開銘柄に事欠くことはなさそうだ。以降ではマントゥロフが注目すべきと話す、2022年に上場が見込まれる最も有望な企業4社を紹介する。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular