無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「我々にもっと課税して。今すぐに」…102人の大富豪が税の不公平を訴える書簡に署名

書簡の署名者の一人、アビゲイル・ディズニー。

書簡の署名者の一人、アビゲイル・ディズニー。

Monica Schipper/Getty Images for The New York Women's Foundation

  • 102人の大富豪は、世界の税制は不公平であり、富裕層はもっと課税されるべきだと述べた。
  • 彼らのほとんどは、パンデミック時に富が増加したものの、十分な税金を払っていないという。
  • 彼らは、世界の税制は「金持ちがより金持ちになるように設計されている」と述べ、その見直しを要求した。

アメリカとヨーロッパの大富豪102人が、現在の税制が不公平であるとし、富裕層に対してより重い税を課すように求める公開書簡に署名した

この書簡は、2022年の世界経済フォーラムのバーチャル会議に出席する人々に向けられたもので、世界に信頼と公平をもたらすためには金持ちに課税することが必要であると述べている。この会議は通常、年に一度、スイスのダボスで開催され、世界の富裕層や有力者が参加する招待制のイベントだ。

「大富豪である我々は、現在の税制が公平でないことを知っている」と書簡には書かれていた。

「我々のほとんどは、世界はこの2年間に計り知れない苦しみを経験したけれども、自分の富は増加した、と言えるだろう。しかし、自分がそれにふさわしい税金を支払っていると正直に言える人は、ほとんどいないだろう」

この書簡は、Oxfamが世界の富豪10人がパンデミックの間にその富を2倍以上に増やしたと算出したことを受けて提出されたものだ。

「国際的な税制の基盤に組み込まれたこの不正は、世界の人々とこの制度の設計者であるエリートとの間に大きな信頼の欠如を生み出している」と公開書簡は述べている。

この書簡は、「金持ちをより金持ちにするために意図的に作られたシステムを完全に見直す」ことを求めている。

署名者には、ディズニーの相続人であるアビゲイル・ディズニー(Abigail Disney)も含まれている。

「簡単に言えば、信頼を回復するためには金持ちに課税する必要があるのだ。世界は、そのすべての国は、金持ちに公正な分け前を払うよう要求しなければならない」と手紙は述べている。

「我々のような金持ちにもっと課税してほしい。今すぐに」

[原文:More than 100 millionaires signed an open letter asking to be taxed more heavily

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular