無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アディダスが原宿にサステナビリティ“激推し”新店舗。脱炭素スニーカーに靴クリーニングも

店舗にあるマネキン

アディダスが原宿にオープンさせる新店舗。

撮影:横山耕太郎

アディダス ジャパンは2022年1月22日、「サステナビリティ(持続可能性)」を前面に押し出した新店舗「アディダス ブランドセンター 原宿」をオープンする。

日本の直営店では初めて、スニーカーを長く使ってもらうためのクリーニングサービスを設けるほか、商品から生まれるCO2を従来のランニングシューズに比べて6割以上削減したスニーカーを限定販売する。

新店舗についてアディダス ジャパンの副社長のトーマス・サイラー氏は、Business Insider Japanのインタビューに対し「日本市場でサステナビリティへの危機感は劇的に変わってきている。サステナビリティは私たちの哲学だ」と説明した。

原宿の店舗にはどんな仕掛けがあるのか?さっそく、店内を見てみよう。

65%の商品「持続可能な素材や技術を採用」

ブランドセンター2階の様子。

2階にはアウトドア用品を多く扱っている。

撮影:横山耕太郎

「アディダス ブランドセンター 原宿」は、「明治神宮前駅」から徒歩1分、東急プラザ表参道原宿にある。地下1階から2階の計3フロアで、売り場面積は708平方メートルと国内では最大級。フットウェア200商品など、アパレルなどを含め計約670商品がならぶ(オープン時)。

担当者によると「ブランドセンター原宿で販売している商品の約65%は、(何らかの)持続可能な素材や技術を採用している」という。

原料にサトウキビ

オールバーズとのコラボ商品

限定発売されるオールバーズとのコラボ商品。

提供:アディダス ブランドセンター 原宿

アディダスのサステナビリティを象徴する商品が、オールバーズとコラボレーションした「FUTURECRAFT.FOOTPRINT(フューチャークラフト・フットプリント)」。

オールバーズは2016年にサンフランシスコで生まれた靴ブランドだ。サステナブルな素材と製法で作られた商品がアメリカで爆発的な人気を誇り、小売店などに卸さず自社ECのみで販売する「D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)」で販路を広げている。

この商品のソール(靴底)には、オールバーズが開発した使われるサトウキビを使った素材と、アディダスのソール素材が使われているほか、アッパー(足をおおう部分)部分には、リサイクルポリエステルと木材パルプから作った新素材を使用している。

アディダスとオールバーズのコラボ商品。

オールバーズとのコラボ商品。ソールの側面に、カーボンフットプリントの量を示す「2.94」の文字が書かれている。

撮影:横山耕太郎

原材料の調達から廃棄までに排出されるCO2を表すカーボンフットプリントは、2.94キログラムで、アディダスの一般的なランニングシューズと比べ、約63%削減した。

実際に試着してみると、アッパー部分の布地はかなり薄く感じたが、ソールにはクッション性があり、靴自体も軽くて快適な履き心地だった。この商品は限定販売され、294足のみ販売される。

ハンガーも「壁」も再生素材

ハンガー

商品をつるすハンガーもサステナブルをうたう。

撮影:横山耕太郎

商品を展示するハンガーは、再生素材を使っている。試着室など一部の壁材には間伐材を使った素材や、床材にも再生素材を採用した。

日本初の「スニーカークリーニング」とは

スニーカークリーニングの様子

靴底の部分を蒸気を使って洗浄してくれる。

撮影:横山耕太郎

この店舗には、日本直営店では初となるスニーカークリーニングサービスもある。

クリーニングは無料でその場で表面の汚れをふき取ってもらえるほか、蒸気でソールの汚れを落とすなどしてくれる有料サービス(税込み2200円と2700円のコース)がある。いずれもアディダス以外のメーカーの靴でも対応するという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み