無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


計量皿が開く!? ドリテックのキッチンスケールはメルカリユーザーにもおすすめ

DSC_0184

Photo:西山綾加

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンより一部編集の上、転載しています。

料理はもちろん、郵便物の重さをはかる際にも、キッチンスケールを使う。

しかし、ちょっとサイズが大きいモノを量ると、荷物が数字を隠してしまって見えない…という経験は誰しもあるのでは。

今回は、そんな場面で役立つキッチンスケールを紹介する。

計量皿が開いて拡張!

DSC_0181

Photo:西山綾加

それが、ドリテック(dretec)の 「デジタルキッチンスケール パカット KS-257WT」。一見普通のキッチンスケールに見えるが、実は計量面に仕掛けがある。

DSC_0184

Photo:西山綾加

そう、計量面が開くのだ。

計量面の皿が、両端からだいたい90°くらいまで開く。

これが支柱となり、大きなものも計量できるのだ。

例えば、こんな風にちょっと大きな箱をはかりたいとき。

DSC_0020

Photo:西山綾加

普通のキッチンスケールならば、このように数字が隠れてしまって見えないが、計量皿を開けば問題が解決!


DSC_0022

Photo:西山綾加

はかりたい物とスケールに隙間ができ、数字が見える

計量できる重さは2kgまで。

メルカリなどでよく出品する人には、けっこう便利な機能ではないだろうか。

パスタもはかりやすい!

DSC_0191

Photo:西山綾加

パスタをはかるときにも、「デジタルキッチンスケール パカット KS-257WT」が便利。開いた計量皿にはくぼみがあるのだが、これがパスタにフィットする。

DSC_0196

Photo:西山綾加

しっかりパスタを支えてくれるから、1g単位の微調整も楽ラクだ

DSC_0193

Photo:西山綾加

このくぼみはいったいどれくらいまで支えてくれるのか…。

乗せられるだけ乗せてみたところ、だいたい240gくらいまでは崩れなかった

乾麺100gを1人前とすると、2人前強ぐらいまでは1度で対応するということだ。

この計量皿が開く機能、マストではないかもしれないが、使ってみるとなかなか便利だった。

キッチンスケールの買い替えを考えている人や、メルカリユーザーはぜひご検討を。

なお、以下の表示価格は執筆時のもの。価格は変更になる可能性があるので、販売ページでご確認を。

Image: 西山綾加

Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み