無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


S&P500指数「70%下落」と弱気筋予測。ドットコム、サブプライム超えの史上最悪バブル示す「4つのチャート」

61eafcc12b43ff00185e0dfd

アメリカの株式市場はきわめて不確実性の高い局面を迎えている。

Spencer Platt/Getty Images

米連邦準備制度理事会(FRB)は、量的緩和を強化したり、金利を引き下げたり、あるいは景気の過熱を抑えるためにそうした緩和策を終了させたり、行き当たりばったりで金融政策を決めている——。ジョン・ハスマンはそう考えてきた。

2008年の株価暴落に始まった金融危機以降、とりわけ新型コロナの世界的大流行が始まってから、FRBは金融市場への流動性供給を強化し、低金利政策を継続してきた。

そしていま、インフレ率が約40年ぶりの高水準に達したことを受け、FRBは急速な金融引き締めに動こうとしている。

ハスマン・ファンズ(Hussman Funds)を率いるハスマンの目には、こうしたFRBの動きが、一貫した政策を生み出すシステムの枠組みを欠くその場しのぎの策にしか映らない。

そしてそれは、将来のリターン見通しという視点から見たとき、投資家に大きなリスクをもたらす動きでもある。ハスマンは自社サイトの記事でそうコメントしている。

ハスマンはその過当投機の相場状況を見抜く眼識を通じて、金融コミュニティでの名声を築いてきた。2000年(のドットコムバブル)と2008年(のサブプライム問題)当時の正確きわまりない予測で、その眼識は遺憾なく発揮された。

ハスマンによれば、現在の状況は当時よりひどいものだ。

「私たちはアメリカ史上最も過熱した金融バブルのなかで2022年を迎えました。このバブルは利回りを追求する投機筋によって引き起こされ、体系的な金融政策への忠誠を放棄したFRBによって増幅されたものです」

この踏み込んだ発言が批判を煽るためのレトリックではないことを、ハスマンはバリュエーション(=株価や企業価値の評価)の現状を示すいくつかのチャートを示して裏づけている。

「史上最悪」の根拠となる「4つのチャート」

まずは、金融を除く米企業の時価総額に対する年間売上高の比率。ハスマンによれば、将来のリターンを予測する上で最も信頼できるバリュエーションだという。目下、過去最高水準で推移している。

チャート1

Hussman Funds

続いて、米大型株の動向を表すS&P500種の各十分位数分類におけるバリュエーションの水準。これを見ることで、バブルの広がりを把握できる。例えば、ドットコムバブル当時、バリュエーションが最高水準の第10分類と他の(第1〜第9)9分類の間には、いまよりはるかに際立った差があった。それが現在では、いずれの分類も歴史的な高水準となっている。

チャート2

Hussman Funds

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular