無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


プレゼンは25回練習。無料の起業家養成講座からビジコンで優勝【エコロギーCEO・葦苅晟矢2】

葦苅晟矢・エコロギーCEO

撮影:伊藤圭

医師になりたい。期待を膨らませて進学したのは、鹿児島県の名門ラ・サール高校。地元の大分県日田市を離れ、学生寮での生活が始まる。キラキラした3年間を送るはずだった。

だが、葦苅晟矢(28)は、自身の高校時代をこう振り返る。

「負の3年間だったというか、あまりいい思い出は正直ないんです。天才に囲まれて、自分は学力も個性も含めて常に平凡以下になってしまった。個が強い人たちがギラギラしていて、どちらかといえばおとなしめの自分は、個性を出すのに苦しみました」

模擬国連で「バイブル」と出合うも…

大学時代の葦苅晟矢・エコロギーCEO

「模擬国連 早稲田研究会」での葦苅。この時はチームを作り、パキスタンの大使になった想定で、地雷問題の解決について提言している。

提供:エコロギー

成績は伸び悩み、いつしか医師への夢は諦め文系に転向。一浪して早稲田大学へ入学した。商学部に進学したのは、「複数の学部を受験して、唯一受かったから」で、初めから起業を意識していたわけではなかった。

ところが大学生活で思わぬ経験から起業の道に踏み出していく。きっかけを作ったのが、入学と同時に入部した「模擬国連 早稲田研究会」のインカレサークルでの経験だ。模擬国連とは、実際の国連の会議を真似て、学生が国際問題を一国の大使になりきってディスカッションするという活動だ。葦苅にはこのサークルが水に合い、「大学時代の居場所になった」。

大学2年の時の模擬国連で、食糧をテーマにしたことがあった。その前年、2013年に国連食糧農業機関(FAO)が「食用昆虫類:未来の食糧と飼料への展望」という全201ページに及ぶ報告書を公表していた。

将来的に牛、鶏、豚など、タンパク源としての家畜が不足することから、「栄養価が高く」「環境への負荷も少ない」昆虫を人が食べること、もしくは魚粉の代わりに昆虫食を家畜用飼料に使用することを推奨していたのだ。後に葦苅が昆虫食のスタートアップ「エコロギー」を学生起業するにあたり、このFAOの報告書こそがビジネスの種になり、後に彼のバイブルになる。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み