無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「学校の給食がひどすぎる」…父親の投稿した写真が行政を動かした

61f021c12b43ff00185e718b

ヴァンゲローさんが投稿した給食の写真。学校は保護者や生徒と協力して、より食欲をそそるメニュー作りに取り組んでいるという。

Courtesy of Chris Vangellow

  • クリス・ヴァンゲローさんの4人の子どもたちは、味気ない給食とその少ない量に不満を持っていた。
  • ヴァンゲローさんが給食の写真を投稿したところ、それが評判になった。
  • 今、彼と彼の息子はこの状況を変えるために活動している。管理栄養士は、親は給食に対して声を上げるべきだと話している。

クリス・ヴァンゲロー(Chris Vangellow)さんの4人の子どもは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で自宅でリモート学習をしていたが、対面学習に戻ったときに給食に異変があることに気付いた。現在、2021-22年度の連邦政府の方針で、給食が無料になってはいるが、ヴァンゲローさんの子どもたちは、「量が少なくなっていて、内容も食欲をそそらないようなものになってきている」と父に報告した。

ヴァンゲローさんはそれを聞いて、13歳、14歳、15歳、16歳の子どもたちに、特にスポーツをする日には学校の給食を補うために家から軽食を持って行くように勧めた。しかしヴァンゲローさんは子どもたちが言ったことが頭から離れなかった。

「実際はどれほどひどいものなのかと考えるようになった」と彼はInsiderに語った。

2022年1月12日、ヴァンゲローさんに息子から給食の写真が送られてきた。それには貧弱なチキンナゲット4個と、白米、乾燥したようなニンジンが写っていた。ヴァンゲローさんは黙っていることができず、その写真をフェイスブック(Facebook)に投稿し、瞬く間にその写真は拡散された。

「これは決して私の子どもだけが学校からまともに食事を与えられていないということではない。すべての子どもたちに関することなのだ」とヴァンゲローさんは話す。

彼の住むニューヨークには低所得世帯の子どもが多く、栄養の大部分を学校給食に頼る傾向がある。だが現在給食で提供されているものは、スポーツの練習や課外活動はおろか、学校生活を送るのにも十分ではないとヴァンゲローさんは話す。

理想的な給食とは

ホート・アンド・ヘルシー・リビング(Haute and Healthy Living)のオーナーで管理栄養士のエリシア・カートリッジ(Elysia Cartlidge)さんは、栄養バランスのよい食事は、子どもたちの健康や学校での活動に不可欠だと話す。

「子どもは成長、発達期なので、体や脳のために、十分なエネルギーと栄養素が必要だ」

栄養的に見ればヴァンゲローさんがフェイスブックに投稿したランチには、タンパク質、穀物、野菜、乳製品が含まれているため、要件を満たしている。しかし、それは別の話だ。

「子どもはもちろん、大人でもあの給食を食べたいとは思わないだろう」とカートリッジさんは言う。

生涯続く健康的な食事パターンを確立するために、子どもたちは食欲をそそるような健康的な食べ物を必要としている。理想的なのは、少なくとも3つの食品群を使った、生き生きとした、おいしくてカラフルな給食だとカートリッジさんは話す。学校給食の栄養価は過去10年間で改善されたという調査結果が示されていたが、アメリカ農務省(USDA)によって最近、学校はナトリウムが多く、栄養価の低い給食を提供してもよいと変更されたという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み