無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ディズニー、海外ストリーミング市場に注力投資の組織再編。『スターウォーズ』ローカル化の可能性も?

 Disney+

『ボバ・フェット』

Disney+

2022年1月20日のメディア向け業績発表で、ネットフリックス(Netflix)が1−3月期の新規会員数の目標を250万人と伝えたことで、ストリーミング業界に衝撃が走った。これは前年同期の実績の4割減だったからだ。

この低めの見通しを業界のペースダウンの兆候だと見る投資家たちもいた。ネットフリックスの株価は翌26日の時間外取引で21%下がり、またストリーミング・サービスに注力しているディズニーも、株価を4%下げた。

ネットフリックスの弱気な発表の背景には、ディズニーが同じ週の前半に、動画配信サービス部門を再編し、海外コンテンツを強化する計画を発表したことがある。

アメリカの動画配信マーケットが成熟し競争が激化するなか、海外市場の動画配信サービスのユーザーが会員数全体の伸びを支えている。また、ネットフリックスの『イカゲーム』や『ペーパー・ハウス』といった海外コンテンツがグローバルで大ヒットとなり、大きな投資対効果を生むことができることも示している。

「ディズニーはネットフリックスのすぐ後を追っており、両社ともいいストーリーは万国共通だと話しています」とエンパイア・フィナンシャル・リサーチ(Empire Financial Research)のバーナ・バーシェイ(Berna Barshay)は言う。「今世界中で大ヒットしている『ミラベルと魔法だらけの家』がそれを証明しています。とはいえ、結局、その地域で成長を加速できるかどうかは、ローカル言語のコンテンツにかかってくるのです」

海外コンテンツ部門のヘッドをCEO直下に

今回の組織再編でディズニーが新設した海外コンテンツ部門は、動画配信サービス向けのローカル・コンテンツ制作を管轄する。昇進してそのヘッドになったのがレベッカ・キャンベル(Rebecca Campbell)で、ボブ・チャペック(Bob Chapek)CEOの直下に配属されている。

Disney

レベッカ・キャンベル。

Disney

キャンベルは、直近ではディズニーのインターナショナル・オペレーションズ、およびダイレクト・トゥー・コンシューマ部門のトップであり、海外事業についてはチャペックの下で、またDisney+(ディズニープラス)、Hulu(フールー)、ESPN+(イーエスピーエヌ・プラス)についてはディズニーのメディア&エンターテインメント・ディストリビューション・グループのトップであるカリーム・ダニエル(Kareem Daniel)の下で働いていた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular