無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


レシート買い取りアプリ「ONE」がアカツキから資金調達…「実店舗の消費行動の可視化」はマーケティングを変えるか

山内奏人

WED代表の山内奏人さん(20)。

撮影:西山里緒

レシート買い取りアプリ「ONE」を運営するWEDは1月27日、ゲーム企業のアカツキからシリーズCラウンドの資金調達を発表した。調達額は非公表だが、関係者によると数億円規模だという。

ONEは、2022年1月にダウンロード数300万を突破。なぜこのタイミングでの資金調達なのか?WED代表の山内奏人さんに聞いた。

コロナ禍は「お金がより大事に」

ONE

レシート買い取りアプリ「ONE」。ユーザー層は30代以下が約8割だという。

画像:ONE公式サイト

2018年に当時高校生だったCEOの山内奏人さんがリリースしたONEは、直近の半年でダウンロード数が100万増え、累計レシート買い取り枚数は2億枚を突破した。

山内さんといえば、15歳にしてプリペイドカードにビットコインをチャージできるサービスを開発して「天才高校生」と騒がれた。以降も次々とサービスやプロダクトを投入しては市場の反応を試す“連続起業家”のイメージがある。

コロナ禍前後においても、自らが課した目標を達成すると「ボーナス」がもらえる「Advent(アドベント)」を始めとして、一風変わったサービスを多くリリースしてきた。実は、これらのサービスは現在、すでに事業を停止したり追加開発をしていない状態だという(寄付アプリ「dim.(ディム)」のみ運営中)。

コロナ禍の2年のサービス状況と今回の資金調達について質問すると、山内さんはこう話す。

「この1〜2年の反省も込めて、自分の“手札”を理解する能力が上がってきた感じがしています。やっぱり自分の領域で戦うしかないな、と」

ONEでの資金調達に至った背景については

この1年はお金がより大事な期間だったので、将来のための開発ではなく、収益事業の方に一気にリソースを割いた。中でも一番伸びたのがONEで、ここで一気にアクセルを踏むべきだと判断した」

と語る。

ONE

レシート買い取りだけでなく、ECサイトの「キャッシュバック」も始めている。

撮影:西山里緒

山内さんは、ONEを「もうレシート買い取り(という打ち出し)ではいけない“サービスの年齢”になってきた」とした上で、次の構想をこう話す。

「価値をアップデートしないといけない。(次のキーワードは)キャッシュバック……買い物をしたらお金がもらえるサービスというのはひとつ、あるんじゃないですかね」

そもそもレシート買い取り自体が大きく捉えると「キャッシュバック」だが、このキーワードに確信を持ち始めたのは、ちょうど1年前にリリースしたサービスがきっかけだ。

提携する買い物サイトで商品を購入するだけで、最大で15%が現金で還元されるショッピングサイト「C」だ。「C」は現在、ONEのアプリ内の一機能として、統合を進めているという。

「ONEでやっていることをデジタルでもやりたいなと思ったのが『C』の背景にあります。購入データに価値がつくのだったら(ECで)どこ経由で購買したかにも価値がついたら面白いなと」

100%購入される広告は作れるか

WED

レシートを使えば、オンラインとオフラインを横断して、ユーザーの消費行動を追跡できるという。

画像:WEDより

ONEのプレスリリースによると、既に先行するプレーヤーがPOSデータや決済などのそれぞれのチャネルでデータ取得を進めているが、ベンダーを跨いだデータ利用の難しさや、マーケティングで取得できるデータの粒度の問題などから、情報の網羅性に課題があるとする。

レシート情報を使って記録することで、これらを横断的に網羅できる、というのがONEの強みだ。

「基本的に世の中の(レコメンド型の)広告って、ユーザーの興味に対して出しているけれど、僕らはユーザーの消費に対して、広告を出すことができる」

そもそも多くの消費財(水など)は、私たちは取り立てて調べることもせずに日常的に購入している。見たり調べたりすることと「実際に購入する」ことには大きな違いがある。

オフラインとオンラインを横断した、詳細なユーザーの「購買データ」こそが、グーグルやアマゾン、そしてソフトバンクなど大手QR決済事業者も把握しきれていない、未知のデータ領域なのではないか?

山内さんはそう考えている。

例えばコンバージョンレート(広告から購入した確率)が100%だったら、それはもう広告ではなくて情報なんですよ。グーグルがやろうとしているのはそういうことで、僕らみたいな企業にも同じことが言える

こうした考えは、資金調達リリースに書かれた「現在主流の購買データの多くは、不確実なデータのもと消費関連マーケティングの技術革新が行われて」いるという一文にも表れている。

この1年の目標としては、山内さんは、ダウンロード数60%増の「500万ダウンロード」への到達を掲げている。

(文・写真、西山里緒



  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み