無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


20分毎に1分間の強力な電波を発信する天体を発見…約4000光年の彼方、「超長周期マグネター」か

強力な磁場を持つ「マグネター」の想像図。

強力な磁場を持つ「マグネター」の想像図。

ICRAR

  • 科学者らは我々の銀河の「裏庭」で、超強力な電波の発生源となっている回転する天体を発見した。
  • これまでにも一連の謎の電波信号が検出され、新しいタイプの死んだ星から放射されていることが示唆されており、今回の発見もそれに続くものと考えられている。
  • 天文学者は、このような電波がもっとないかと探しており、今回検出した電波が再び現れることを期待している。

地球からそれほど遠くない天の川銀河の中心付近にある回転する天体が、地球に向けて強力な電波を発射している。だがそれが何であるのか、まだ解明されていない

オーストラリアの研究者らによると、この天体は太陽より小さく、約20分に1分間程度だけ超強力な電波を放出することから、自転していると考えられている。2018年1月から3月にかけて望遠鏡で観測たところ、信号はこのリズムで現れたり消えたりしていた。その電波は、1分間の放射の間、全天で最も強力な電波信号だった。

この天体を発見した国際電波天文研究センター(ICRAR)の天体物理学者、ナターシャ・ハーリー=ウォーカー(Natasha Hurley-Walker)は「まったく予想外だった。このような現象は知られていないので、天文学者として少し不気味に感じられた」とプレスリリースで述べている。

地球から見た天の川銀河。星型の印は、謎の「トランジェント」の現象が繰り返される位置を示している。

地球から見た天の川銀河。星型の印は、謎の「トランジェント」の現象が繰り返される位置を示している。

Dr Natasha Hurley-Walker (ICRAR/Curtin)

それ以来、彼らはこの現象を検出していない。

この天体が何であれ、わずか4000光年しか離れておらず、その程度の距離であれば我々の銀河の「裏庭」にあるようなものだとハーリー=ウォーカーは言う。この謎の天体は、異常に強力な磁場を持つ死んだ星の崩壊した核であると、研究者たちは推測している。

カーティン大学の博士課程に在籍するタイロン・オドハーティ(Tyrone O'Doherty)は、マーチソン広視野アレイ望遠鏡が2018年に収集したアーカイブデータからこの天体を初めて発見した。この発見に関する研究論文は、2022年1月26日に学術誌「Nature」に掲載された

「私が昨年特定した(電波信号の)発信源が、このような特別な天体であることが判明し、興奮している」とオドハーティはリリースで述べている。

天文学者を困惑させるわずかな「トランジェント」信号

天の川銀河の中心部から謎の電波信号が発信されるイメージ。

天の川銀河の中心部から謎の電波信号が発信されるイメージ。

Sebastian Zentilomo/University of Sydney

天文学者は、現れては消える信号を検出すると、死んだ星あるいは死にゆく星から発信された信号だと判断する。このような捉えにくい信号は「トランジェント」と呼ばれている。

ある種のトランジェントは突然現れ、数カ月間電波を放射し、やがて消えていく。それらは大質量の星が崩壊して劇的な死を遂げる「超新星爆発」から発生することが多い。他にも数秒あるいは数ミリ秒で点滅を繰り返すトランジェントもある。これはパルサーと呼ばれ、強力な磁場を持つ死んだ大質量星の核が、高速で回転し、極から放射線ビームを発している状態だ。

しかし、現在知られているどのタイプのトランジェントも、20分ごとに1分間現れ、その後、突然検出されなくなるということはない。

ハッブル望遠鏡が撮影したカニ星雲。これは超新星爆発の残骸で、6光年の幅に広がっている。

ハッブル望遠鏡が撮影したカニ星雲。これは超新星爆発の残骸で、6光年の幅に広がっている。

NASA, ESA, J. Hester and A. Loll (Arizona State University)

これまでに謎の電波が、低周波電波望遠鏡によって4回検出されており、今回の発見もそれに続くものと考えられている。現れたり消えたりするこれらの信号は、天の川銀河の中心付近にある未知の天体から放射されていた。これらの天体は、これまで知られているトランジェントのような動きを見せず、あまり共通点もないため、「銀河中心電波過渡現象(GCRT)」という緩やかなカテゴリーに分類された。

今回論文を発表したオーストラリアの研究者たちは、彼らが発見した回転する天体が、10分ごとに電波を発するこれらのGCRTの1つに似ていると述べている。

また、もう1つの謎のトランジェントのカテゴリーに分類される「高速電波バースト」は、他の銀河から放射されている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み