無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ビットコイン売却益「5カ月で1200億円」英資産運用ラッファー推奨「市場下落時に利益を確保する投資術」

prime_bitcoin_return_top

2022年に入って株価の急落やビットコイン価格の低迷など厳しい相場が続いている。先行きの見えない不透明な状況でも利益を確保するにはどうしたらいいのか。

Shutterstock.com

ここ最近の株や暗号資産の惨憺(さんたん)たる状況に何かしらの意味を見出そうと苦心している投資家たちにとって、ダンカン・マッキネスは頼りになる存在だ。

マッキネスは創業28年、運用残高320億ドル(約3兆6800億円)の英資産運用会社ラッファー・インベストメント・マネジメントのディレクター。

同社はクライアントのために確実なリターンをあげ、市場の大幅下落時も活路を見出すその高い手腕で知られる。

英金融ニュースサイト「ディスイズマネー」の調べによれば、ラッファーは創業から現在に至るまで年9%の平均リターン(購入時手数料控除後)を記録。過去3度にわたる深刻な金融危機の際にも利益を出し、例えば、2008年の世界金融危機で株価が30%急落したときでさえ、23%のリターンを確保している。

ラッファーは最近も世間に大きな話題を提供している。

マッキネスもこの件に深く関与しているが、同社は2020年11月に投資ポートフォリオの2.5%をビットコインへのエクスポージャー(=資産のある割合をリスクにさらすこと)に変更。伝統的な投資運用会社のほとんどがビットコインに手を出すことはもちろん、言及することすらはばかられた時期に、ラッファーはポジションを保有した。

そしてその5カ月後、同社は保有分をすべて売却して11億ドル(約1260億円)の利益を得た。2021年4月と言えば、ビットコインが6万ドルに近い水準で推移していた時期だ。

ビットコインはその翌月に4万ドルを割り込み、再び高騰して11月に史上最高値となる6万9000ドルまで上昇。現在(1月31日時点)はまたも4万ドルを割り込んで3万7000ドル前後で取引されるという乱高下のさなかにある。

マッキネスは1月26日開催のウェビナーで次のように語っている。

「当社がエクスポージャーを取ったのは、ビットコインをデジタルゴールド(=価値保存の手段として使われるゴールドを代替できるデジタル資産)、あるいはポートフォリオの多様性を拡大する手段と考えたからで、実際、2020年11月時点のビットコインはそのような挙動を示していました。

ところが、2021年3〜4月に売却した時点では、NASDAQ100種株価指数のレバレッジ型ETFのような挙動に近くなっていました。それが全保有分の売却を決めた理由のひとつです」

ビットコインの将来見通し

マッキネスは1月27日、暗号資産専門の投資顧問会社バイトツリー・アセット・マネジメント主催のウェビナーに参加し、ビットコインの足もとの状況をどう見ているか、また、米連邦準備制度理事会(FRB)がタカ派転換する一方でインフレが相変わらず続くなか、市場環境全体をどう分析しているか、その考えを語った。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular