無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


王室の婚約指輪に秘められたストーリー


Kate Middleton and her engagement ring

ケイト・ミドルトンの婚約指輪はダイアナ妃が身に着けていたものだ。

Max Mumby/Indigo/Getty Images

  • 王室の婚約指輪は、歴史と象徴性に裏打ちされたものであることが多い。
  • ダイアナ妃は、王室のほかのジュエリーにヒントを得て、カタログから婚約指輪を選んだ
  • 他の王室では、各国の国旗の色にちなんで婚約指輪を選んでいる。

イギリスのエリザベス女王の婚約指輪は、フィリップ殿下の母、アリス・オブ・バッテンバーグが所有していたティアラのダイヤモンドを使ったものだった

 Queen Elizabeth and Prince Philip in 1947 (left) and Queen Elizabeth's engagement ring.?

1947年のエリザベス女王とフィリップ殿下。

Topical Press Agency/Hulton Archive/Getty Images; Max Mumby/Indigo/Getty Images

この指輪は、3カラットのダイヤモンドを、10個の小さなダイヤモンドで囲んで作られている。雑誌『タウン&カントリー(Town & Country)』によると、フィリップ殿下の母は、1946年、自身が結婚式で身につけたティアラを、未来の女王にふさわしい指輪を作るために息子に贈ったという。

このティアラは、ロマノフ王朝末期に、ロシア皇帝のニコライ2世と皇后のアレクサンドラからアリスに贈られたものだ。


ダイアナ妃の婚約指輪は、世界で最も有名なジュエリーのひとつだ

Princess Diana and Prince Charles in 1981 (left) and Princess Diana's engagement ring.

1981年のダイアナ妃とチャールズ皇太子。

Tim Graham Photo Library/Getty Images

ダイアナ妃は、イギリスの宝飾品会社ガラード(Garrard)のカタログから自分で指輪を選んだ。つまり、誰でも買うことができた指輪だ。

ヴォーグ(Vogue)によると、イギリス王室はこれを認めておらず、一般人が王室にふさわしい宝石を手に入れることを望んでいなかったという。1981年にこの指輪が購入された時、価格は約3万6000ドル(約412万円)と推定されていた。しかし、現在はこの指輪は値段を付けられない。

12カラットのサファイアの周りに14個のダイヤモンドがあしらわれているのがこの指輪の特徴だ。

しかしながら、この指輪はダイアナ妃以外にも王室とつながりを持っていると以前Insiderは報じている。サファイアとダイヤモンドの組み合わせは、同じくガラードがデザインしたビクトリア女王のブローチからインスピレーションを得たとガラードは自社のウェブサイトに書いている。1840年にアルバート公が結婚式の日にヴィクトリア女王にそのブローチを贈っている。


ダイアナ妃のジュエリーのコレクションはすべて息子のウィリアム王子とヘンリー王子に遺され、キャサリン妃は今もダイアナ妃の婚約指輪を身に着けている

 Kate Middleton and Prince William on their wedding day (left) and Kate Middleton's engagement ring.?

結婚式当日のウィリアム王子とケイト・ミドルトン。

Chris Jackson/Getty Images; Arthur Edwards/WPA Pool/Getty Images

イギリスの日刊タブロイド紙であるザ・サン(The Sun)によると、ダイアナ妃はケイト・ミドルトン(Kate Middleton)やメーガン・マークル(Meghan Markle)に会うことはできなかったが、その印象的なコレクションは息子たちの未来の妻が身に着けることを意図していたという。それぞれのジュエリーの割り当てはウィリアム王子とハリー王子に任された。

2010年、ウィリアム王子はこの家宝を手に、ミドルトンにプロポーズした。それ以来、キャサリン妃はこれを身に着け続けている。


メーガン・マークルの婚約指輪には、ダイアナ妃の個人コレクションのダイヤモンドが使用されている。当初はヘンリー王子がデザインしたものだったが、後に変更された

Prince Harry and Meghan Markle (left) and Meghan Markle's engagement ring

ハリー王子とメーガン・マークル。

DANIEL LEAL/AFP/Getty Images

センターにあしらわれたダイヤモンドは、ヘンリー王子がサイの保護活動の後援者として多くの時間を過ごしたボツワナ産である。マークルの36歳の誕生日にはサファリ旅行をするなど、夫妻は何度も同国を訪れている。

タウン&カントリー』によると、他の2つのダイヤモンドはダイアナ妃のジュエリーコレクションから取ったものだという。また、この指輪はヘンリー王子のプロポーズの後にデザインが変更されたようで、シンプルなゴールドのリングは小さなパヴェ・ダイヤモンドをあしらったものに変更されている。


イギリス王室のエドワード王子もまた花嫁のソフィー・リース=ジョーンズに、ガラードのカタログに載っていた指輪を贈りプロポーズした

Sophie Rhys-Jones and Prince Edward.

ソフィー・リース=ジョーンズとエドワード王子。

Ken Goff/Getty Images

この婚約指輪は3個のダイヤモンドからできていて、2人の愛を象徴するハート型の小さなダイヤモンドが2個あしらわれている。


イギリスのユージェニー王女の婚約指輪は、母のサラ・ファーガソンが受け取ったものと驚くほど似ている

Princess Eugenie and Jack Brooksbank (left) and Princess Eugenie's engagement ring

ユージェニー王女とジャック・ブルックスバンク。

Jonathan Brady/WPA Pool/Getty Images

ユージェニー王女の美しいリングは、ピンクがかったオレンジ色の珍しいサファイアをダイヤモンドが囲んだものだ。彼女の母親の婚約指輪と非常によく似ている

それは1986年、アンドルー王子がファーガソンにプロポーズしたときに婚約指輪として贈ったものだ。彼女の赤い髪にマッチした大きな楕円形のルビーと、10個のしずく型のダイヤモンドをイエローゴールドとホワイトゴールドのリングにあしらったものだった。2人は1996年に離婚している。


モナコ公国の皇太子レーニエ3世は、アメリカの女優グレース・ケリーに、モナコの国旗の色を模したダイヤモンドとルビーの指輪を贈りプロポーズした

 Prince Rainier III of Monaco and actress Grace Kelly in 1956.

1956年、モナコ公国のレーニエ3世と女優のグレース・ケリー。

AP

ブライズ(Brides)によると、この指輪はモナコ王室のコレクションの宝石を使用し、カルティエ(Cartier)がデザインしたものだという。


しかしながら、彼女の映画の役柄に触発され、皇太子のレーニエは、後にその指輪をもっと大きくて豪華なものに変えたという

Grace Kelly's engagement ring on display

展示されているグレース・ケリーの婚約指輪。

Mary Altaffer/AP

1956年、モナコ后妃になる前の最後の映画、『上流社会』の撮影のためハリウッドに戻ったグレース・ケリーの指には、さらに大きなダイヤモンドの指輪があった。

ブライズによると、この女優は映画の役作りのためにイミテーションのダイヤモンドの指輪を身に着けようとしたが、それを聞いたレーニエ皇太子が代わりに本物を購入すると申し出たという。この2つ目のリングもカルティエのデザインによるもので、10.5カラットのダイヤモンドがあしらわれたものだった。

ニューヨーク・ポスト(New York Post)によると、レーニエ皇太子はアメリカ滞在中に、グレース・ケリーの著名な友人たちが、「大きくて派手なダイヤモンドを好む」ことに気づいたという。その記事によると、彼女の両親はこれを認め、レーニエにもっと大きなものにするように説得したという。


デンマークのフレデリック皇太子は、2003年にメアリー・エリザベス・ドナルドソンに、国旗を象徴するような指輪を贈りプロポーズした

Prince Frederik and Mary Elizabeth Donaldson in 2003

デンマークのフレデリック皇太子とメアリー・エリザベス・ドナルドソン。2003年。

Eric Travers/Gamma-Rapho via Getty Images ; Scott Barbour/Getty Images

そのぜいたくな婚約指輪は、2個のルビーと1個のダイヤモンドをあしらったものだった。


ウィレム・アレキサンダー国王はマクシマ・ソレギエタ王妃にオランダのナショナルカラーの指輪を贈りプロポーズをした

Maxima Zorreguieta and Dutch Crown Prince Willem Alexander in 2001.

2001年、マクシマ・ソレギエタとオランダの皇太子ウィレム・アレキサンダー。

Michel Porro/Getty Images

この婚約指輪は、オレンジ色の大粒のダイヤモンドを中心に、エメラルドカットのダイヤモンドを2個配したものだった。

[原文:The hidden stories behind 10 royal engagement rings

(翻訳:大場真由子、編集:Toshihiko Inoue)

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み