無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アップルCEOもメタバースに期待…「可能性に応じた投資をしている」

アップルのティム・クックCEO。

アップルのティム・クックCEO。

Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic

  • アップルはメタバースに可能性を見出し、それに応じた投資をしている、とティム・クックCEOは述べた。
  • クックCEOは2022年1月27日に行われた決算報告のカンファレンスコールで、アップルのマーケットプレイスにはすでに1万4000の拡張現実(AR)アプリがあると述べた。
  • ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーは、大企業が参入するメタバースは、8兆ドルの市場規模になると予測している。

アップル(Apple)はメタバースに真剣に取り組んでおり、その可能性を探るために資金を投入していると、ティム・クック(Tim Cook)CEOは2022年1月27日に行われたアナリスト向けカンファレンスコールで述べている。

メタバースがもたらすチャンスと、アップルが果たすことのできる役割について問われたクックは、この分野における計画について概要を語った。

「そう、それは重要な質問だ。我々はイノベーションをビジネスにしている会社なので、常に新しい技術を探求している。そして、この分野がいかに我々にとって興味深いものであるかということを、あなたが詳しく説明してくれた」

「App Storeには、現在1万4000以上のARKitを使ったアプリがあり、何百万人もの人々にすばらしいAR体験を提供している」

「我々はこの分野に大きな可能性を感じており、それに応じた投資をしている」

AR(拡張現実)技術は、人々がメタバースを構成する仮想世界に没入するためのひとつの手段であり、ARヘッドセットがその代表的なものだ。ARKitはアップルのARアプリ開発プラットフォームだ。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み