無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


WHO事務局長、ニール・ヤングに感謝…スポティファイへの抗議を支持

ニール・ヤング

ニール・ヤングは、ジョー・ローガンのポッドキャストがCOVID-19に関する誤った主張を宣伝しているとして、自身の楽曲をスポティファイから削除するように求めた。

REUTERS/Joshua Roberts/File Photo

  • WHOのテドロス事務局長は、COVID-19についての誤情報をめぐってスポティファイに抗議した歌手のニール・ヤングに感謝した。
  • ヤングは、自分の音楽とポッドキャスト「The Joe Rogan Experience」のどちらかを選ぶようスポティファイに要求していた。
  • このポッドキャストのいくつかのエピソードは、COVID-19に関する誤った主張を展開していた。

2021年1月27日、世界保健機関(WHO)のトップは、歌手のニール・ヤング(Neil Young)が、スポティファイ(Spotify)で有名なポッドキャストによるCOVID-19の誤情報に抗議して、彼の音楽を削除するように求めたことを称賛した。

「ニール・ヤングさん、COVID-19のワクチンをめぐる誤情報や不正確な情報に立ち向かってくれてありがとう」と、WHO事務局長のテドロス・アダノム・ゲブレイェソス(Dr. Tedros Adhanom Ghebreyesus)はツイートした

「行政も民間も、特にSNS、メディア、個人、つまり我々は皆、このパンデミックとインフォデミックを終わらせるために果たすべき役割がある」と書き、ヤングの決断を報じたローリングストーン(Rolling Stone)誌の記事を再掲載した。

ヤングは1月25日、自身のマネージャーとワーナー・レコードの役員に宛てて、自分の曲をスポティファイから削除するよう要求する公開書簡(現在は削除されている)を書いた

ローリングストーン誌によると、このカナダ系アメリカ人ミュージシャンは、「スポティファイがワクチンに関する誤った情報を広めており、それを信じた人々が死に至る可能性があるからだ」としている。

彼はCOVID-19の誤った情報を広めているポッドキャストの1つとして、「The Joe Rogan Experience(ジョー・ローガン・エクスペリエンス)」を挙げ、「彼らはローガンかヤングを選ぶことができる。両方ではない」と書簡に書いている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み