無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


まもなく開幕、北京五輪…選手村のベッドを米選手が公開「段ボールじゃない」

2022年北京冬季オリンピックにリュージュで出場するサマー・ブリッチャー選手。

2022年北京冬季オリンピックのリュージュに出場するサマー・ブリッチャー選手。

Tom Pennington/Getty Images

  • リュージュのサマー・ブリッチャー選手(27歳)が、北京オリンピックの選手村の部屋の様子を公開した。
  • リモコン操作できるベッドの動画を、TikTokに投稿したのだ。
  • 2021年夏の東京オリンピックで選手たちが利用したのは、段ボール製のベッドだった。

北京オリンピックに出場するアメリカ人選手が「2021年の夏季東京大会で選手が使った段ボールベッドより、北京の調節可能なベッドの方がいい」と発言し、話題を呼んでいる。

2022年1月27日、リュージュ選手で2度のオリンピック出場を果たしたサマー・ブリッチャー(Summer Britcher)がティックトック(TikTok)に投稿した動画は、1月31日現在で25万7000回以上再生され、4万3000件以上のコメントが寄せられている。この動画は「北京冬季オリンピックの選手たちは2021年の夏(の東京オリンピック)と同じような段ボール製のベッドを与えられているの?」というファンの質問に答えたものだ。

「その質問がきてうれしい。ちょうどすばらしいものをシェアしたいと思っていたところだから」とブリッチャーは言う。

「ここには段ボール製のベッドがないだけでなく、まるで北京大会の組織委員会が『どうやったら東京を上回ることができか』と考えたことを示しているようだ」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み