無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ベゾスが幼児教育に目を向ける理由…授業料無料のプリスクールが拡大中

Amazon founder Jeff Bezos.

アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾス。

Chip Somodevilla/Getty

  • ジェフ・ベゾスが2020年に開校した「ベゾス・アカデミー」は、十分な保育を受けていない子どものための無料のプリスクール(幼稚園入園前の教育機関)だ。
  • その後、同アカデミーは全米で14カ所に展開することを発表し、今のところ5校が運営されている。
  • 「ベゾス・アカデミー」はベゾスが全額出資しており、ベゾス自身の早期教育からヒントを得ているようだ。

ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)のプリスクール(3歳から5歳の幼稚園入園前の子どもを対象とした教育機関)が、静かにアメリカで拡大している。

ベゾス・アカデミー(Bezos Academy)として知られるこの授業料無料のプリスクールは、2020年10月にワシントン州デモインで初めて開校した。そして次は、2022年1月26日に発表されたテキサス州ヒューストンとの契約締結を含め、アメリカのさまざまな場所に広がりつつある。

ここではベゾスが幼児教育に目を向けている理由と、これまでに分かっている同校のプログラムを紹介しよう。

ベゾス・アカデミーの目的は、恵まれない子どもたちに無料で教育を提供すること

ベゾス・アカデミーは、3歳から5歳までの未就園児を対象とした「モンテッソーリ教育」の流れを汲むプリスクールだ。同校は全日制で年間を通じて行われるという。

ベゾス・アカデミーに通う資格を得るためには、子どもの家庭の年間世帯収入が、連邦貧困水準(Federal Poverty Level)の400%までであることが条件だという。同校の受給資格規定によると、例えば、4人家族で世帯年収が10万6000ドル(約1215万円)の家庭の子どもは通うことができる。また、各教室の定員の半数は、連邦貧困水準の250%までの世帯の子どものために確保されているという。

ベゾス・アカデミーはすでに3つの州で展開している

現在、ベゾス・アカデミーは14カ所にある。フロリダ州オーランドに1つ、テキサス州ダラス近郊に3つ、ワシントン州に9つだ。2021年10月に4カ所で5校の運営を開始したのは、すべてワシントン州だ。

ベゾス・アカデミーは2022年1月26日、テキサス州ヒューストンのデンバー・ハーバーに最新の拠点を設けると発表した。2つのクラスがあるスクールは2022年秋に開校し、「多くの家庭にとって画期的なものになるだろう」とヒューストン市長のシルベスター・ターナー(Sylvester Turner)は声明で述べた

「十分なサービスを受けられていない地域に焦点を当てることで、すべての子どもたちが、有意義で成功した未来へ向かうための教育の機会を公平に得られるようにする」とターナー市長は述べている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み