無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Amazon傘下のオーディブルが聴き放題化した理由「オーディオブックの認知度はまだまだ低い」

Audible 再生

Amazon傘下の「Audible」のビシネス変更は、“ほぼ完全”な聴き放題化と言えるインパクトのある発表だった。

撮影:小林優多郎

「オーディオコンテンツ全体は盛り上がりを見せてはいるものの、まだまだ認知は低い」

Amazon傘下のオーディオブック配信サービス「Audible(オーディブル)」のカントリーマネージャー逢坂志麻氏は、同サービスの新料金プランを発表した1月26日、取材陣にそう漏らした。

音声コンテンツ業界を見ると、コロナ禍の「おうち需要」の影響か、「Clubhouse」などのSNSの登場、SpotifyやアップルなどのPodcast強化など、盛り上がりが見てとれる。

会員数

Audibleは具体的な会員数は発表していないが、確実に会員数を増やしている。

撮影:小林優多郎

実際、オーディブルも2018年8月から2021年12月にかけて、会員数は約4.5倍に増加したという。

では、なぜ冒頭のような慎重な意見が出てくるのか。前述の逢坂志麻氏と、オーディブルシニアコンテンツリーダーを務める宮川もとみ氏へのインタビューをもとに解説しよう。

コイン制から聴き放題へ、お値段はそのまま

新旧プラン比較

Audibleの新旧プラン比較。

撮影:小林優多郎

1月26日、オーディブルの発表で最もインパクトがあった内容は、ビジネスモデルの転換だ。

オーディブルは、2018年8月から月額1500円でオーディオブック(書籍をもとに音声化したコンテンツ)を毎月1冊、ポッドキャスト(オーディオブック以外の音声コンテンツ)は聴き放題というプランを提供していた。別のオーディオブックを読みたい場合は翌月まで待つか、別料金で都度課金する必要があった。

2022年1月27日からは、料金は月額1500円のまま、12万冊以上のオーディオブックとポッドキャストが聴き放題。つまり、より他の音楽配信サービスに似た“サブスク”に近い形式となった。

日本語コンテンツ

「ほとんど」と言っていい日本語のオーディオブックが聴き放題の対象となる。

撮影:小林優多郎

ちなみに、この12万冊以上という数字には、現在オーディブルが配信している日本語のコンテンツの95%以上が含まれる。

残り5%弱の日本語コンテンツは、ほとんどが翻訳本で「権利関係が複雑なもの」(逢坂氏)。オーディブルとしては100%に近い形に交渉していく方針だという。

つまり、今回のプラン改定では料金は変わらずに聴けるコンテンツが増えるため、ヘビーユーザーにとってはより一層価値が高まる施策に見える。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み