無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


投資の神様、ウォーレン・バフェットがフェイスブック株を買わなかった理由

バフェット

ウォーレン・バフェット。

Paul Morigi / Stringer / Getty Images

  • ウォーレン・バフェットは、フェイスブック(現在のメタ)を類まれなビジネスだと賞賛している。
  • しかし、投資会社バークシャー・ハサウェイのCEOは、将来が不透明であることを理由に株式の購入を見送った。
  • バフェットのパートナーであるチャーリー・マンガーは、フェイスブックの政治的影響力とデータ収集を非難した。

ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)は、フェイスブック(Facebook)(現在のメタ)をすばらしいビジネスだと繰り返し賞賛している。しかし、有名な投資家で、バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)のCEOでもある彼は、基本的にその株式を購入することを否定している。

「夢のあるビジネスとは、わずかな資本で大きく成長するものだと、我々はよく知っている」と、バフェットは2021年のバークシャー社の株主総会で述べた。

「アップル(Apple)やグーグル(Google)、マイクロソフト(Microsoft)、フェイスブックは、そのすばらしい例だ」

バフェットは2012年のCNBCのインタビューで、ワッツアップ(WhatsApp)やインスタグラム(Instagram)を所有するフェイスブックを「類まれなビジネス」だと賞賛している。しかし、例外的な企業というのは最も評価が難しく、今後5年、10年の間にどうなるか分からないので投資する気になれないと述べた。

コカ・コーラ(Coca-Cola)の価値を知るのは、グーグルやフェイスブックよりずっと簡単だ」とバフェットは言う。

「彼らに輝かしい未来がないとは言っているわけだはない。私には分からないだけだ」

バフェットが「能力の輪」 の中で事業を運営しているのはよく知られており、彼は、そのビジネスや業界について深い知識がある場合にのみ投資する。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み