無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「大退職」のアメリカと違い、ヨーロッパが人手不足になっていない理由

 In this Sept. 22, 2021, file photo, a hiring sign is placed at a booth for Jameson's Irish Pub during a job fair in the West Hollywood section of Los Angeles

2021年9月22日、ロサンゼルスのウエストハリウッド地区で開催されたジョブフェアで、ジェイムソンズ・アイリッシュパブ(Jameson's Irish Pub)のブースに置かれた看板。

Marcio Jose Sanchez/AP Photo

  • ヨーロッパ諸国と異なり、アメリカの雇用はパンデミック前の水準をまだ下回っている。
  • ヨーロッパの労働者が休暇や所得補助を得た一方で、アメリカの労働者は解雇され、福利厚生が強化された。
  • アメリカのやり方は労働者に仕事について再考させ、彼らを再び雇用することの難しさにつながったのかもしれない。

アメリカの労働者は、海の向こうの隣人と比べて仕事への復帰が遅れている。

それは、新型コロナウイルスのパンデミックの初期に解雇されてしまったショックで、仕事や人生について考え直したからかもしれない。一方、ヨーロッパの労働者は、通常一時的な休職にとどまるか、仕事を続けながら政府から所得の補填を受けることが一般的なことだった。

キャピタル・エコノミクス(Capital Economics)のニール・シアリング(Neil Shearing)のチームは、2022年2月1日付の文書で、アメリカとEU諸国の雇用回復がどのように推移してきたかを比較している。

彼らはアメリカの雇用がパンデミック以前の水準を下回っている理由は、そのシステムにあると強調している。アメリカは解雇時に労働者に大金を与えることを選択した。その結果が、仕事から何を得たいのか、あるいは仕事には戻りたくないのかを労働者が再考している、現在の雇用情勢に表れているのではないかと。

ヨーロッパでは、各国政府は労働者を一時的に休職させるか、補助金を使い収入を補うことを選択したとシアリングは言う。「このことは労働者を仕事につなぎとめ、全体的な雇用を維持するのに役立った」と彼は述べている。ヨーロッパでは雇用レベルは新型コロナウイルスのパンデミック前の水準を維持して「ほぼ横ばい」だ。

パンデミックが始まったときに何百万人もの労働者が職を失い、失業者が急増したアメリカはまったく違う。アメリカは一時休暇の代わりに、失業手当を強化して、労働者に直接救済を行ったのだ。アメリカ労働統計局(BLS)の調査では、2021年12月の新規雇用者数は19万9000人にとどまっているBLSが退職者数のデータを発表した直近の月である2021年11月には、430万人が仕事を辞めた。シアリングによると、アメリカの雇用はパンデミック前より2%減少しているという。

「その結果、アメリカの雇用市場は大きく混乱した。雇用はパンデミック初期に落ち込んだが、企業は空いているポストを埋めることに苦労しており、部分的にしか回復していない」とシアリングは書いている。

解雇されたアメリカ人の中には、このような失業給付の強化により、起業したり、学校に戻ったりと、生活を変えることができたと以前Insiderに語った人もいる。これは、経済を席巻している「大いなる再考(Great Rethink)」の一部でもあり、「情熱を傾けられない仕事をするには、人生は短すぎる」という理由で仕事を辞める労働者が出てきている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み