無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


石油プラントから温室効果ガスが大量に漏出…アメリカや西アジアで。衛星画像で判明

2016年1月21日、ノースダコタ州ワトフォードシティ郊外の油井から、日没とともに燃え上がる天然ガスの炎。

2016年1月21日の日没時、ノースダコタ州ワトフォードシティ郊外の油井から燃え上がる天然ガスの炎。

Andrew Cullen/Reuters

  • メタンの大量流出を示す地図によって、パイプラインから何トンもの温室効果ガスが放出されていることが明らかになった。
  • 衛星画像によって、化石燃料を採掘する施設からメタンが大量に流出するホットスポットが捉えられた。
  • 主にアメリカと西アジアにあるこれらのホットスポットでは、流出量の削減は簡単に達成できると考えられている。

メタン大量流出を示す新たな地図によって、各国が報告しているよりもはるかに多くの(おそらく2倍の)強力な温室効果ガスがパイプラインなどから流出していることが判明した。

メタンは強力な温室効果ガスであり、大気中の滞留時間は短いものの、大気中に熱をため込む力は二酸化炭素の30倍におよび、地球温暖化を引き起こす主要なガスのひとつだ。

人類が排出するメタンの4分の1は、燃料用の石炭、石油、天然ガスを採掘する際に発生する。そして油井や燃料を運ぶパイプラインからも時折、大量に流出すると考えられていた。

しかし、何千枚もの衛星画像を基に作成された新たな地図を分析したところ、研究者の予想をはるかに超える量のメタンが、化石燃料の採掘現場から人知れず日常的に流出していることが明らかになった。

アメリカでのメタンの大量流出を示す衛星画像。2019年9月25日撮影。

アメリカでのメタンの大量流出を示す衛星画像。2019年9月25日撮影。

Kayrros, Inc.; Esri, HERE, Garmin, FAO, NOAA, USGS, © OpenStreetMap contributors, and the GIS User Community

フランス国立科学研究センター(CNRS)の温室効果ガスに関する研究者で、この地図の作成を主導したトマ・ローボー(Thomas Lauvaux)は、「当初はこのような大規模な流出源が毎日、世界中で見つかることになるとは思いもしなかった」とInsiderに述べている。

「至る所で漏れている」と彼は付け加えた。

「我々はいい仕事をしているとは言えない」

ローボーは国際研究チームを率いて、2019年から2020年まで欧州地球観測衛星センチネル 5Pから毎日送られてきた2年分のデータを分析した。その結果、1800カ所でメタンが大量流出していることがわかった。そのうち1200カ所は主にアメリカと西アジアにあり、石油やガスのパイプラインといった化石燃料の採掘と関連している。

青い線は主要なガスパイプライン、オレンジ色の点はメタンの流出源を示している。

青い線は主要なガスパイプライン、オレンジ色の点はメタンの流出源を示している。

© Kayrros Inc., Esri, HERE, Garmin, FAO, NOAA, USGS, OpenStreetMap contributors, and the GIS User Community

「これらの大量流出は極稀に起こるのだろうと思った。それらは特定の場所で起こる特定の出来事であり、ほとんど偶然だったのだと」

「しかし、まったく違った。非常にシステマチックで、パイプラインやコンプレッサーステーション、油井などの施設沿いで、何度も発生している」

ローボーは、このようなメタンの大量流出の多くは、定期的なメンテナンスによるものではないかと推測している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み