無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


獣医師が明かす、ねこがゴロゴロとのどを鳴らして伝えようとしている6つのこと

ねこ

Molly Aaker/Getty Images

  • ねこがゴロゴロとのどを鳴らすのは、幸せを感じていたり、飼い主に何かを求めているからかもしれない。
  • 母ねこと子ねこは"ゴロゴロ"を通してコミュニケーションを取るので、子ども時代の名残りの可能性もある。
  • "ゴロゴロ"が生み出す低振動は、ねこの痛みを和らげたり、傷を癒す助けになっている可能性もある。

ねこと暮らしている人なら、おひさまを浴びながら昼寝をしている時や飼い主に抱っこされている時などに、ねこがゴロゴロとのどを鳴らすのを聞いたことがあるだろう。

一貫したパターン、周波数25~150ヘルツのねこの"ゴロゴロ"は、人間の耳にも十分聞こえるし、その振動も感じることができる

多くの人はこの"ゴロゴロ"がねこの喜びや満足感と関係していると考えているが、実はねこは痛みを和らげたり、他のねことコミュニケーションを取るなど、さまざまな理由でゴロゴロのどを鳴らしている。

ねこがゴロゴロ言う6つの理由を紹介しよう。

1. 幸せだから

ねこの"ゴロゴロ"は触られたい、もっと触ってほしいという気持ちを表していることが多いと、ペットに遠隔治療を提供するHello Ralphieと連携している獣医師のミーガン・コンラッド(Megan Conrad)氏は話している。

また、食べている時や飲んでいる時にゴロゴロとのどを鳴らして、幸せな気持ちや満足感を表現している可能性もあると、Cat and Bird Clinicの獣医師クリスティーン・セラーズ(Christine Sellers)氏は話している。

2. 母ねこと子ねこのコミュニケーション方法として

母ねことコミュニケーションをとり、親密な絆を結ぶための手段として、子ねこは生まれてからわずか数日で"ゴロゴロ"し始めるとセラーズ氏は言う。

「母ねこは子ねこが生まれるとすぐにコミュニケーションを取ろうとし、子ねこは生まれて数日後にはゴロゴロとのどを鳴らすことで母ねこに応えようとします」

子ねこは生まれた直後は目が見えず、耳も聞こえないため、母ねこの"ゴロゴロ"の振動が授乳の役に立つという。

3. ストレスを感じているから

一般的には幸せの表現とされる"ゴロゴロ"だが、動物病院を訪れた時など、ストレスや不安を感じた時にもゴロゴロとのどを鳴らすことがある。イライラしている時に、自分を落ち着かせるための方法でもある。

セラーズ氏が挙げた、不安による"ゴロゴロ"のサインは:

  • 満足感を表す時の"ゴロゴロ"よりもやや高い音の"ゴロゴロ"
  • 呼吸が浅く速くなったり、歯を見せながらの"ゴロゴロ"

ストレスを感じた時などは意図的にゴロゴロとのどを鳴らしているように見える一方で、満足感を表す時の"ゴロゴロ"は無意識の反応のように見えると、セラーズ氏は話している。

4. 傷を癒したり、痛みを和らげるため 

子どもを産む時や怪我をした時にゴロゴロと言うねこもいる。こうしたケースでは、"ゴロゴロ"が痛みを和らげたり、呼吸を整える助けになっていると、研究者らは指摘する。

加えて、"ゴロゴロ"が生み出す低周波振動は骨や腱など治癒を促すと、コンラッド氏は話している。

実際、ねこの"ゴロゴロ"が生み出す振動に似た低周波振動は、骨の成長や筋力アップを促すために人間にも使われている。

5. 他のねこに挨拶するため

あなたのねこは、別の仲良しのねこに会った時、挨拶としてゴロゴロとのどを鳴らしている可能性もある。

科学者にもねこたちがどんなコミュニケーションを取っているのかはまだ分からないとコンラッド氏は話しているが、他のねこに自分は友好的で親しみやすい存在だと知らせ、脅威ではないとのメッセージを伝える1つの方法なのかもしれないという。

6. あなたに何かを要求している

自分を世話してくれる人間に「お腹が空いた、ごはんが欲しい」といった特定のニーズを伝えるためにゴロゴロ言っている可能性もある。そういう時の"ゴロゴロ"はそうでない時の"ゴロゴロ"に比べ、高くて差し迫ったような音になりがちだとセラーズ氏は話している。

研究者らによると、人間はこうした差し迫った、お願いするような"ゴロゴロ"に反応しやすいという。2009年の研究では、10匹のねこのお願いするような"ゴロゴロ"とそうでない"ゴロゴロ"を録音し、人間の被験者50人に聞かせたところ、全員がお願いするような"ゴロゴロ"をより差し迫った、やや不機嫌な"ゴロゴロ"だと答えた。

まとめ

満足感を表現したり、他のねこやペットとコミュニケーションを取ったり、ストレスを感じたり怪我をした時に自分を癒したり、ねこはさまざまな理由でゴロゴロとのどを鳴らしている。

飼い主に何かしてもらいたい時は、いつもより高くて差し迫ったような"ゴロゴロ"を発するねこもいる。

理由は何であれ、コンテクストによってねこのその"ゴロゴロ"が何を表しているのか、わたしたちは感じ取ることができる。"ゴロゴロ"の他にもねこが出しているサインに注意することで、ねこのニーズや好き嫌いを理解しやすくなるだろう。そうすれば、ねこも人間ももっと幸せになれるはずだ。

[原文:6 things your cat is trying to tell you by purring, according to vets

(翻訳、編集:山口佳美)

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み