無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


創部から退部者0の強豪女子野球部。「楽しむ」原点はオーストラリアでの経験【女子野球監督・橘田恵2】

橘田恵_履正社高校女子野球部監督

撮影:MIKIKO

女子野球部の部員たちには「野球を楽しんでほしい」と願う橘田恵(39)だが、自分の高校時代、「あの子たちみたいに『好き』で野球をやっていたかというと、難しい」と苦笑する。

橘田は地元兵庫県の公立高校に進学したが、野球部は女子の入部に難色を示した。父親が学校に掛け合い、「練習生」扱いでようやく参加できるようになったものの、内野ノックは「危ないからダメ」と禁止。「実践的な練習はさせてもらえず、部員と一緒にできるのは、しんどい筋トレとランニングだけ」だった。

男子部員の実践練習中は、ずっと壁に向かってボールを投げ続けるばかり。見かねた英語の先生が、キャッチボールの相手をしてくれることもあったという。

週末は、中学生の硬式野球チームに参加させてもらった。チームは強豪で、のちにプロ野球選手となる西武の栗山巧や、ヤクルトの坂口智隆も在籍していた。

「栗山君の打球をセカンドで受けて『はやっ!』と思いました。チームのレベルも高校並みに高かったので『入れてもらったんだから、邪魔したらあかん』と必死でついていきました」

週末の実践練習は橘田にとって、他人の打ったボールを捕れる数少ない機会だった。

「1つのプレーからとにかく何か得よう、少しでもうまくなろうと思ってグラウンドに立っていたので、男の子たちとは集中力が違ったと思います」

海外でプレーする。新聞記事で開けた道

橘田恵_履正社高校女子野球部監督

50人以上に及ぶ選手たちにノックを出す橘田。グラウンドには歓声が飛び交い、とにかく賑やかだ。

撮影:MIKIKO

とはいえどちらのチームでも、公式戦の出場資格すらない毎日は、やはり「精神的にきつかった」。入部を掛け合ってくれた父親や、受け入れてくれた監督らのことを考えて、「やめたら申し訳ないから、区切りがつくところまでやろう」という気持ちでいた時期もある。

しかし高1の時、「こんなん出てたで」と母親が新聞記事を見せてくれた。アメリカで女子プロ野球リーグが開幕し、当時フロリダのチームでプレーしていた鈴木慶子ら日本選手2人が参加する、という内容だ。

海外チームでプレーする! そんな選択肢があるんだ!

橘田は行く手が大きく開けたように感じた。後に橘田は鈴木が立ち上げた、女子硬式野球の海外遠征プログラムにも参加している。

「人生の要所要所で、将来を決める大事な『出会い』がありました。新聞記事もその一つだし、実際に鈴木さんとも会えて、履正社という学校との出合いもあった。私はものすごく強運だと思います」

野球へのモチベーションを取り戻した橘田は仙台大学に進学し、男性に混じって野球部に加入。女性野手として初めて公式戦に出場した。日本女子代表のトライアウトにも挑戦し、大学3年の時は最終選考まで残ったが、代表にはあと一歩及ばなかった。

トライアウトを見た野球関係者に「海外でプレーしてはどうか」と勧められたこともあり、数カ月後、大学に在学したままオーストラリアへ渡る。女子と男子の計2チームに所属し、平日は週2日練習、主に土曜は女子チームの、日曜は男子チームの試合に出る生活が始まった。

野球はみんなで楽しむもの

オーストラリア代表初の女性監督シモン

オーストラリアでのホームステイ先は、のちに2018年のW杯で「女性監督対決」となるシモン氏の自宅だった。

提供:橘田恵

日本で試合に恵まれなかった橘田は、オーストラリアで「生まれて初めて、こんなにたくさん試合をさせてもらった」という。

オーストラリアでの体験は、後の指導者人生にも大きな影響を与えている。かの地で選手たちは、「ワイワイ楽しそうに」野球をしていた。週末の試合も、選手だけでなく応援に来た家族も含めて「楽しもう」という雰囲気でいっぱいだった。チーム内の上下関係や礼儀作法も全く違い、フランクだった。

日本の野球文化で育った橘田は当初、監督に礼をしないことに抵抗があり、帽子を取って「グッドモーニング」と一礼していた。「あいさつをやめたら?」と言われた翌朝、現地流に「ハーイ」と言ってみると、監督は「よよ」と泣きまねをして、「メグミは日本人の心を忘れてしまったのか」。「いや、あんたが『やめたら?』て言うたやん」と心の中で突っ込みを入れつつ、橘田は「笑いって大事だな」と思った。

こうした橘田の意向を反映し、履正社女子野球部も他校に比べて序列が緩やかだ。

「相手と冗談を言い合える関係性を作っておくと、真剣なことを言われてもすっと心に入ります。私も今、練習後などは、部員となるべくたわいない話をするようにしています」

橘田恵オーストラリアにて。全豪大会MVP、州代表に

橘田は州代表として全豪大会に出場し、MVPの座も掴み取った。

提供:橘田恵

オーストラリアではまた、「ボールを打つ楽しさ」も教わったという。

橘田は四球(フォアボール)やセーフティバントで出塁し、足で稼ぐタイプの選手だった。最初のうちは、四球で出塁すると「グッドアイ!」と褒められたが、そのうち監督に言われた。

「この国では、四球の多さは必ずしも称賛の対象ではない。打てる球はボール球でも、全部振りなさい」

走者も自分も生きる「名人芸」のようなバンドは会場を沸かせる。選球眼も、足を使った野球も必要だ。しかし観客はやはり、胸のすくようなヒッティングを待っている。橘田自身も「野球は打ってなんぼだし、その方が楽しい」と実感できたという。

勝利至上主義が「面白くない」野球を生む

履正社のグラウンドに並ぶ選手たちのバット

男子を中心とした日本の野球教育は、監督や先輩との厳しい上下関係で知られている。

撮影:MIKIKO

連載第1回で述べたように、男子を中心とした日本の野球人口は、減少の一途をたどっている。橘田は「減るには減るだけの理由がある」と話す。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み