無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


顔にも使える。絹100%で肌にやさしい、理想のあかすりを見つけた

IMG_0628-1

Photo:中川真知子

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンから一部編集の上、転載しています。

あかすりが好きだが、目が粗いあかすりで強く擦ると肌が傷つくような気がして、つい躊躇してしまい、いつも満足度が低い。 また、背中のほうまで手がうまく回らないのも悩み 。

また、一般的なあかすりは色が派手で浴室で目立つし、厚手のスポンジ素材だと乾燥しにくく、カビが生えてしまうことがある。

そこで、肌にやさしくて白色のあかすりを探していたら、ハッピーシルクの「絹姫 シルクボディタオル」を見つけた。

やさしく擦るだけであかが出る

IMG_0630-1

Photo:中川真知子

絹姫 シルクボディタオル」は、希少な群馬オリジナル蚕品種「ぐんま200」の生糸が100%使用されている。

使い方は簡単。体を温めてから、濡らしたタオルを適当なサイズに折り畳み、やさしく擦るだけ。ゴシゴシしなくてもあかが出てきた(その様子はもちろん自重する)。

角栓の詰まりにも

IMG_0631-1

Photo:中川真知子

絹姫 シルクボディタオル」は、二の腕のぶつぶつやおしりのざらざら、膝の黒ずみをはじめ、小鼻の黒ずみのケアにも使えると書いてある。

顔のパーツに使うとさすがに痛いのでは、と思ったが、鼻を擦ってもほとんど痛くなかった。

泡立ちはしないが、石鹸をつけて洗うこともできるので、あかすり兼ボディウォッシュタオルとして使っても良いだろう。

背中も擦れる

これまで使っていたミトンタイプでは、背中まで届かなかった。しかし、「絹姫 シルクボディタオル」は約27×約87cmのボディタオルタイプなので、広げれば背中も擦ることができる

力が入りにくいので二の腕や脚を擦るよりは少ないが、それでもあかが出てきていた。それに、使った後は肌触りに変化があるような気がした。

とても薄く、洗って干しておけば乾くのでお手入れも簡単。また、白を基調としたバスルームにもピッタリだ。

※表示価格は執筆時のもの。変更や売り切れの可能性もありますので、それぞれ販売ページでご確認ください

Photo: 中川真知子

Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由してアマゾンで製品を購入すると、編集部とアマゾンとのアフィリエイト契約により、編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み