無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


30秒7億5000万円にふさわしい広告の作り方とは…まもなく第56回スーパーボウル!

メキシコ産アボカドの2022年スーパーボウルの広告の予告CMの一場面。

メキシコ産アボカドの2022年のスーパーボウル広告を予告するCMの一場面。

Avocados from Mexico/YouTube

  • Crypto.com、バドワイザー、ドリトスなどのブランドは、2月13日(現地時間)のスーパーボウルに向けた広告を計画している。
  • この試合は広告主にとって一年で最大の舞台であり、1億人近くが視聴すると予想されている。
  • 広告主のブランドや広告代理店に、どのように広告を組み立てているのかを聞いた。

今年最大の広告イベントに向けて、各ブランドは準備を進めている。

Crypto.comのような初出稿の広告主が、長年の広告主であるペプシ(Pepsi)、バドワイザー(Budweiser)、ドリトス(Doritos)とともに、2月13日(現地時間)にロサンゼルスで開催される第56回スーパーボウルに参戦する予定だ。

試合ではロサンゼルス・ラムズとシンシナティ・ベンガルズが対戦するが、各ブランドも、人々を楽しませ、製品を買うように説得するテレビコマーシャルのために何カ月もかけて準備してきた

NBCユニバーサル(NBCUniversal)は、30秒の広告を流すのに650万ドル(約7億5000万円)を広告主に請求するが、広告主は制作費とデジタル広告費にさらに数百万ドルを費やしている。

Insiderは、象徴的な広告を作るにはどうしたらよいかを知るために、舞台裏の有名人やあまり知られていない広告業界幹部に話を聞いた。

2022年の広告主は、ユーモアを重視する

広告代理店のグッドバイ・シルバースタイン&パートナーズ(Goodby Silverstein & Partners)は、フリトレー(Frito-Lay)やサミュエル・アダムス(Samuel Adams)のスーパーボウル広告を何十回も手掛けている。スーパーボウル広告をヒットさせるには、常にユーモアが欠かせないが、チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマーガレット・ジョンソン(Margaret Johnson)は、2022年はより洗練されたユーモアのある広告が見られるだろうと予想している。

「人々は、いつものノリにうんざりしている」と彼女はInsiderに語っている

「しかし、気取ったユーモアは、今年はうまくいかないでしょう。特にパンデミックのことを考えると、もっと洗練されたユーモアが求められている」

最適なメッセージを作るには

スーパーボウルにおける広告主にとって最も大切なことは、人々の心に響く適切なメッセージを作ることだ。シカゴに拠点を置き、50以上のスーパーボウル・キャンペーンに携わってきた創業者を擁するハイダイブ(HighDive)は、ナシャ・スミス(Nasha Smith)にこのアドバイスをした。

「まずは戦略、ブランドの信念、そして製品の真実を明確にすることから始めるべきだ」と、共同設立者のマーク・グロス(Mark Gross)とチャド・ブルード(Chad Broude)は述べている。

「ここからが本当の違いだが、スーパーボウルの幅広い視聴者と彼らが期待するエンターテイメントを認識すること。その期待に応えることができれば、ブランドを文化として根付かせることができる」

「そうしないと失敗してしまうかもしれない。消費者がCMを楽しみにするのは1年に1度だけだ。実際に彼らは(楽しいCMを)求めているのだから、それを後悔させないことが重要だ」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み