無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


リビアン上場3カ月「大株主フォードとの競合懸念」ハーレー出身COO退社、経営幹部の“新陳代謝”加速か

prime_rivian_nasdaq

2021年11月10日に同年最大規模の新規株式公開(IPO)を果たしたリビアン(Rivian)。躍進の原動力を担った最高執行責任者(COO)の退社が判明し、先行きを懸念する声も出ているが……。

REUTERS/Brendan McDermid

時価総額860億ドル(約9兆9000億円、2021年11月10日の終値)という2021年最大の新規株式公開(IPO)を果たした電気自動車(EV)スタートアップのリビアン。

その躍進を支えたロッド・コープス最高執行責任者(COO)が2021年12月に退任していたことが報道で明らかになり(2022年1月にリビアン側も「数カ月前から段階的に引退の準備を進めていた」とのコメントを発表)、組織改革は今後も続くと予想されている。

リビアン経営陣の顔ぶれはこの2年間で様変わりし、従来の自動車メーカーとしての色合いが薄まり、テック系スタートアップに近づいてきた。

英高級車アストンマーティンや米ディーゼルエンジン最大手カミンズ、米二輪大手ハーレーダビッドソン出身の経験豊富なベテランたちが退社し、米IT大手アップルや米EV最大手テスラ、米金融大手JPモルガン・チェースなどから新たな人材が加わった。

フォードやゼネラル・モーターズ(GM)のようなレガシー自動車メーカーは、100年以上の月日をかけて製造工程を磨き上げてきた。その繊細さは客観的に証明されており、世界最大の自動車メーカーとして君臨するテスラもかつてはたび重なる製造工程のトラブルに苦しめられ、2018年には「あと10週間持たずに破たんを迎える危機」にまで追い込まれている。

リビアンはいま、電動ピックアップトラック『R1T』と電動多目的スポーツ車(SUV)『R1S』の両方を同時に生産拡大し、しかも競合他社が苦しんできた品質確保にも注力するという困難なハードルを乗り越える必要があり、経営陣の交代はまさにそのための動きと言えるだろう。

同社最高財務責任者(CFO)のクレア・マクドノーも、そうやって新たに加わった経営陣のひとりだ。

直近はJPモルガンでマネージングディレクターとしてディスラプティブ・コマース(=創造的破壊を伴う新たな取引手法)部門の共同責任者を務めたマクドノーは、今後数年以内という短期間でリビアンがグローバル展開を実現するための財務ロードマップ策定を担う。

マクドノーは米ウォール・ストリート・ジャーナル(2022年1月6日付)の取材に応じ、リビアンは短期的に利益を出すことより、企業としての成長を優先する方針を強調。その言葉通り、同社は50億ドル(約5700億円)という巨額の資金を投じて、米ジョージア州アトランタ東部で第2拠点の建設計画を進めている。

冒頭で触れたコープスCOOの退社は、そうした意欲的な成長計画が全貌をあらわすタイミングで報じられた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular