無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


BASEが“対Shopify”を意識した「新プラン」と「後払い」に参入する狙い

BASE 新発表

BASEは2つの新サービスについて発表した。

出典:BASE

「創業以来やりたかったことに、ようやく取り組むことができる10年」

ECサイト作成サービスの「BASE」は創業10年目(2012年12月創業)を迎えた。CEOの鶴岡裕太氏は2月9日に開催した決算会見の場で、次の10年についてこう意気込む。

BASEが新しく発表した内容は大きく分けると以下の2点だ。

  1. 月額利用料ありの新プラン「グロースプラン」を4月にリリース
  2. 消費者向け決済サービス「Pay ID」にて、今後後払い決済(BNPL)の提供を検討

BASEはコロナ禍で高まった“EC需要”の影響もあり、2020年から2021年にかけて大きく成長。2022年1月末時点の累計ショップ開設数は170万、2021年通期のGMV(サービス内の流通金額)は1000億円を突破した。

鶴岡CEOが語る「創業以来やりたかったこと」は何なのか。発表内容を解説しよう。

月間売上16万円以上なら手数料が安くなる新プラン

鶴岡氏+香取慎吾さん

新プランを発表するBASEの鶴岡CEOと、“BASEオーナー応援団長”を務める香取慎吾さん。

出典:BASE

まず、1点目は新プランについてだ。BASEは従来、初期費用および月額利用料は0円で、1オーダーあたり決済手数料3.6%+40円、サービス利用料3%の料金プランを提供してきた。

これは初期費用が抑えられ、また注文が入らなければ加盟店の負担はないため、コロナ禍などで「売り上げの見込みは未知数だが、ECを試してみたい層」に好評だった。

新プランのグロースプランでは、月額サービス利用料5980円が固定費としてかかるようになる一方で、都度発生する手数料は2.9%のみになる。

従来プランと新プランの比較

新プランは従来プランと比較すると最初は固定の月額利用料の分、従来プランより高くなるが、月間16万円を超えると逆転する。

図:BASEリリースより、Business Insider Japanが作成(2022年2月10日時点)。

月間売上に対する総手数料(決済手数料+サービス利用料)を単純計算してみると、月間16万円を境にグロースプランの方が手数料を抑えられる。

月間売上が16万円を超えるような加盟店にとって、新プランはお得だ。しかし、BASE側からすると、多くの(売り上げの大きな)加盟店が新プランに移行してしまうと、収益に影響を与えかねない。

収益への影響について、BASE広報はBusiness Insider Japanの質問に対し「利益ベースでは短期的には影響があると思いますが、長期的には全体のGMVを伸ばしていけると考えています」と回答している。

KPI

BASEは3つのKPIを定めており、1ショップあたりのGMVはそのうちの1つ。

出典:BASE

BASEの1ショップあたりの月間平均GMVは2021年第4四半期で17万円であり、「今までは個人やスモールチームで、売り上げがそこまで大きくないみなさま(をサポートすること)が創業以来のテーマ」(鶴岡氏)であることから、既存加盟店の移行による収益減はそこまで大きくないだろう。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み