無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ポルシェ、EVでも快適に旅ができることを証明…アメリカ横断で充電時間は2時間半

2021年型ポルシェ・タイカン

2021年式ポルシェ・タイカン。

Porsche

  • ポルシェが電気自動車のタイカンで、ロサンゼルスからニューヨークまでの走行を行った。
  • 充電にかかった時間はわずか2.5時間で、これまでの記録を、5時間近く短縮した。
  • 急速充電ができ、正しいルートを選べば、電気自動車での長距離ドライブも快適であることを示している。

電気自動車(EV)での長距離移動は、使える充電スタンドを探したり、充電に数時間かかったりと、大変なことになりがちだ。ガソリン車ならば5分で満タンになり、出発できるが、EVではフル充電するためには3、40分、時にはもう少しコンセントに繋いでおく必要があるかもしれない。

しかし、電気自動車のせいでアメリカの誇る雄大なロードトリップが消えることはないだろう。ポルシェ(Porsche)が最近、そのことを証明した。同社は2022年1月、EVセダンのタイカン(Taycan)が、ロサンゼルスからニューヨークまでの2834.5マイル(約4600キロメートル)を走行し、充電に要した時間は2時間26分48秒だったと述べた。

2021年型ポルシェ・タイカン

2021年式ポルシェ・タイカン。

Porsche

ポルシェは、これまで充電時間の記録を、5時間近く更新したことになる。さらに重要なのは、電気自動車での長旅が間違いなく実行可能であるということ、思っているほど悩む必要はないこと、何かしらの犠牲を払うこともないことを示したことだ。通常のアメリカ横断ドライブでも、トイレ休憩や食事などで、停車時間は2.5時間を優に超えるだろう。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み