無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


水深5mまで耐える防水仕様。マッチを水から守ってくれる防水カプセル

画像

Photo: 田中宏和

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンから一部編集の上、転載しています。

災害時など、サバイバルの状況下では、何をおいても火の確保が重要である。

冬季は言うに及ばず、温暖な季節でも調理や衛生管理に、火は欠かすことができない存在なのだ。

prendre 防水カプセル マッチケース PR-SCT-GR」は、河川の氾濫などで床上浸水の被害に遭っても、マッチを濡らさずにキープしておける防水ケース。

裁縫道具や、綿棒など救急グッズも収納しており、非常時の助けになってくれるだろう。

防災バッグのポケットなどに

画像

Photo: 田中宏和

直径約3cm×長さ約9.3cmの円筒状で、材質はアルミ製。軽量かつ大きすぎないサイズ感だ。

防災バッグに入れておいても、スペース的な問題はないだろう。

画像

Photo: 田中宏和

マッチ棒は別途購入する必要があるものの、側薬はケースに貼り付けられている。

側薬もしっかり防水パッキンで守られている点も、安心感を高めてくれる工夫だ。

画像

Photo: 田中宏和

水深5mまで沈めても大丈夫という防水パッキンは、予備も付いてくる充実ぶり。

締めるとき、かなり強めの抵抗を感じるので、しっかり密封しておけば浸水することはまず無いはずだ。

サバイバルグッズも内蔵

画像

Photo: 田中宏和

おまけとして、裁縫道具と綿棒、綿も付いてくる(エンジ色に見えているのは、板紙状の側薬)。

あれば助かるものなので、非常時に備えてそのまま入れておきたいところ。

自然の脅威はいつ襲いかかってくるか分からない。まさかの罹災で後悔する前に、できる備えはしておきたいものだ。

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

Photo: 田中宏和

Source: Amazon.co.jp

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み