無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ロレックスの投資利回りは、株や金、不動産を上回る…ここ5年でさらに価値が上昇

ロレックスへの長期投資は株や金を上回る

Bob's Watches

  • ロレックスの時計は昔からコレクターの間で人気を博してきたが、投資にも向いていることがわかった。
  • Bob's Watchesの最新のデータで、ロレックスの投資利回りは金、不動産、株を上回っていることがわかった。
  • 世界中で需要が急増しており、エントリーレベルのモデルでさえ小売価格以上の値がついている。

もし2011年に戻り、50グラムの金地金か、5000ドル分のダウ平均インデックスファンドか、ロレックス(Rolex)のサブマリーナをもらえるとしたら、あなたは一番よい投資としてどれを選ぶだろう。

ロレックスの時計の中古販売を行うBob's Watchesの最新のデータによると、サブマリーナを選ぶのが一番得をするそうだ。

過去10年、Bob's Watchesは一貫した価格戦略で数多くの時計を売買してきた。これにより、ロレックスのすべてのモデルの実際の市場価値のデータを得ることができたという。

「我々は、10年前にさかのぼってデータを把握できる唯一の企業だ」と、同社のポール・アルティエリ(Paul Altieri)CEOはInsiderに語った。

ロレックスは毎年80万個の時計を生産していると報じられているが、同ブランドの人気は新商品の供給をはるかに越えた需要を生み出しており、中古時計市場を活発化させている。

そして、世界的に需要が高まってきている。「ロレックスは長年よい投資対象だったが、ここ5年間はこれまでとは違う」とアルティエリは述べた。

実際、ロレックスの平均販売数は2017年から上昇し、2020年にはさらに急上昇した。現在のロレックスの平均価格は1万3000ドル以上で、2011年の5000ドルの3倍近くになっている。(価格の推移はこちらに)

ロレックスの価格はダウ工業株価を追うように上昇してきたが、この1年でそれを上回った。金や不動産(平均住宅価格)などの他の投資先は、それとは程遠い。

だが、このような高価格であっても、ロレックスは「手の届きやすいラグジュアリーブランド」だとアルティエリは言う。確かにオーデマ ピゲ(Audemars Piguet)やパテックフィリップ(Patek Philippe)といった3万ドルを超えるようなスイスブランドと比較すればそうだろう。ロレックスの中で近いのはコスモグラフ デイトナで、小売価格ではそれらの3分の1だが、中古マーケットでは平均3万1000ドル以上の価値がある。

「店を出る前に支払った価格の2倍か3倍の価値がある」とアルティエリは述べた。

ただし、それを売ってくれる正規販売店が見つかればの話だ。

「多くの人が自分の名前が購入者リストに掲載されるのを1、2年待っており、それをあきらめることはないだろう」とアルティエリは語った。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み