無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


スロバキア製「空飛ぶクルマ」が耐空証明を取得…2023年後半に納車開始予定

「エアカー」は3分以内に車から飛行機に変身する。

「エアカー」は3分以内に車から飛行機に変身する。

Klein Vision

  • この「空飛ぶクルマ」は3分以内にスポーツカーから飛行機に変身し、また飛行機からスポーツカーに戻ることができる。
  • 空陸両用車の「エアカー」がこのほど、スロバキア運輸局から耐空証明を取得した。
  • 開発したスロバキアの企業クライン・ビジョンは、エアカーによるタクシーサービスを導入したいと考えている。

スポーツカーから飛行機へと3分以内に変身する、自動車と飛行機のハイブリッド機がスロバキアで耐空証明を取得した。耐空証明とは、航空機が安全に航行できることを認定するものだ。

The AirCar model.

エアカー。

Klein Vision


その空飛ぶ自動車「エアカー(AirCar)」は、スロバキアのクレインビジョン(Klein Vision)社が開発し、2022年1月に同国の運輸当局から耐空証明を取得した

The AirCar model.

エアカー。

Klein Vision


取得のために、75時間のテスト飛行を行い、220回以上の離着陸を実施したという

The AirCar executed over 220 takeoffs and landings.

エアカーは220回以上の離着陸を行った。

Klein Vision


クレインビジョンの共同創業者であるアントン・ザジャック(Anton Zajac)によると、2017年から最大8人のチームが試作車の開発に取り組み、作業時間は合計約10万時間に及んだという

The AirCar executed over 220 takeoffs and landings

エアカーのテスト飛行の様子。

Klein Vision


エアカーは、2021年6月にスロバキアのニトラ国際空港からブラチスラバ国際空港までの都市間飛行を初めて成功させた。飛行時間は合計35分だった

エアカーは2021年6月に初の都市間飛行を行った。

エアカーは2021年6月に初の都市間飛行を行った。

Klein Vision


空港に到着後、スポーツカーに変身したエアカーは、ザジャックとエアカーの発明者であるステファン・クレイン(Stefan Klein)教授を乗せてブラチスラバの市街地に向かった

都市間飛行を終え、市街地を走るエアカー。

都市間飛行を終え、市街地を走るエアカー。

Klein Vision


エアカーの離着陸は飛行場に限定されない。ザジャックによると、土地所有者の許可があればどこでも離着陸が可能だという

The AirCar model.?

エアカー。

Klein Vision


現行モデルは巡航時速140マイル(約225km/h)で最大速度は時速370マイル(約595キkm/h)だ。ザジャックによると、新しい量産モデルの航続距離は、630マイル(約1013km)程度になるという

The AirCar's cruising speed is around 140 miles per hour

エアカーの巡航速度は時速140マイル(約225km/h)。

Klein Vision


エアカーはBMW製の1.6リッターエンジンを搭載しており、どこのガソリンスタンドでも販売している通常のガソリンが使用可能だ

The AirCar runs on fuel sold at any gas station..

エアカーは通常のガソリンで走行できる。

Klein Vision


この空陸両用車には緊急事態やエンジン故障に備え、緊急着陸用パラシュートが装備されている

The AirCar has a ballistic parachute.

エアカーには緊急用のパラシュートがついている。

Klein Vision


エアカーの重量は1.1トンで、2人乗りだ。3人乗りのモデルや水陸両用モデルも投入する予定だとザジャックはInsiderに語っている

The current model holds 2 people.

エアカーの現行モデルは2人乗りだ。

Klein Vision


この空陸両用車は本格的な飛行機なので、操縦にはパイロットの免許が必要だ

 People flying it will need a pilot licence.?

操縦する人はパイロット免許が必要。

Klein Vision


ザジャックによると、今回の耐空証明の取得は、欧州航空安全期間(EASA)の基準に適合した空飛ぶクルマの開発だけでなく、空陸両用車の量産に向けた準備を整える上でも「大きな節目」だという

The AirCar model.

着陸するエアカー。

Klein Vision


エアカーが取得したのはEASA互換の証明で、EUのどの国でも当局の承認があれば飛行できるという。ザジャックは、現在アメリカ連邦航空局(FAA)にも認可を申請中だとInsiderに話している

 The AirCar model

エアカー。

Klein Vision


「我々はエアカーによるタクシーサービスを計画している」とザジャックは述べた。そして、アメリカに22万機ある小型飛行機の個人所有者の5%程度をエアカーへ乗り換えさせたいという

The AirCar meets meets European Aviation Safety Agency (EASA) regulations.

エアカーは、欧州航空安全機関の基準に適合している。

Klein Vision


電子飛行制御システムなどにもよるが、エアカーを購入するには50万ドル(約5700万円)から100万ドル(約1億1400万円)の費用がかかる

Klein Vision wants to introduce an AirCar taxi service.

クレインビジョンは、エアカーによるタクシー・サービスを導入したいと考えている。

Klein Vision


すでに「選ばれた」顧客からの受注を開始しており、2023年後半には納入を開始する予定だとザジャックは話している

The AirCar will cost anywhere between $500,000 and $1 million

エアカーの価格は50万ドルから100万ドルの予定だ。

Klein Vision

[原文:Take a look at the sports car that transforms to a plane in under 3 minutes and flies at 140 miles per hour

(翻訳:大場真由子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み