無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカでは急速なインフレが進行中…FRBによる「利上げ」の効果は期待できない?

ワシントンの連邦準備制度理事会ビル。

ワシントンの連邦準備制度理事会。

Patrick Semansky/AP Photo

  • アメリカ連邦準備制度理事会はインフレとの戦いに挑んでいるが、その最高の武器もパンデミックによって阻まれる可能性がある。
  • 金利引き上げは通常、インフレを抑制するが、物価を高騰させているサプライチェーンの混乱を正すことはできない。
  • 食品とエネルギーの価格も利上げの影響を受けにくく、インフレ懸念があれば高水準が維持される可能性が高い。

アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)はインフレに戦いを挑もうとしているが、その主要な手段はパンデミック下の経済では機能しないかもしれない。

過去1年間のインフレは、ほとんどのエコノミストや政策立案者が予想していたよりも早く、そして長く続いている。アメリカの一般財・サービスの価格は、2022年1月までの1年間で7.5%上昇し、1982年以来最も高いインフレ率を示している。

これはアメリカのインフレがさらに進行していることを示しており、FRBに新たなプレッシャーを与えた。FRBのパウエル議長は1月に、政策担当者は3月に、利上げを開始することを「考えている」と述べた。

FRBにとって利上げはインフレを抑制するための最強の武器だ。金利の上昇は景気を減速させ、消費を弱め、貯蓄を促す傾向があるからだ。1980年代前半、インフレ率が同程度の高さで推移したとき、物価上昇を抑えるには歴史的な高金利が必要だった。

2022年のインフレとの戦いは、おそらくそう単純ではないだろう。金利の上昇は需要の抑えるが、現在のインフレ問題の大部分は供給側に依存している。デルタ株が海運業界を麻痺させたため、港湾の渋滞と物資のボトルネックが世界経済に打撃を与えた。その結果、消費は堅調に推移する一方で、企業は在庫の確保に苦慮することになった。この需給ギャップが、2021年末にかけて、すでに始まっていたインフレを激化させたのだ。

金利の上昇は消費を減速させるだろうが、企業が在庫を確保する助けにはならないだろう。供給が依然として逼迫しているため、消費が収まってもインフレ率は不快な高さにとどまる可能性がある。

12月には需要が緩和される兆しがあったが、供給不足は深刻だ。半導体の不足は自動車、家電、電子機器の生産に支障をきたしている。人手不足も依然として存在し、多くの企業がフル稼働できないでいる。

金利を上げても、供給問題の改善には役立たない。FRBは民間部門が混乱を一掃するのを待つしかないのだ。

パウエル議長は1月26日の記者会見で「供給サイドの改善も含めて、インフレを抑えるための要因はいくつかあり、それはいつかはやってくるだろう」と述べ、「そのタイミングとペースは不明だ」と付け加えた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular