無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウクライナ危機下の資産防衛術。原油100ドル突破目前「投資推奨エネルギー6銘柄」モルスタ最新分析

原油価格 モルガン・スタンレー

原油価格100ドル突破が近づきつつあるなか、米金融大手モルガン・スタンレーは関連6銘柄への投資を推奨する。

Carlos Garcia Rawlins/Reuters

2022年1月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比7.5%の上昇を記録。1982年2月以来、およそ40年ぶりの大きな伸びとなった。

ロシアはいつウクライナに侵攻してもおかしくない状況で、欧米諸国を中心に懸念が広がっており、高インフレと相まって株式市場暴落の不安を前に、投資家たちは戦々恐々としている。

そんな緊迫した状況のなかで、バンク・オブ・アメリカ、カナダロイヤル銀行(RBC)、モルガン・スタンレーなど世界の大手金融機関は、景気動向に左右されず力強いパフォーマンスを発揮し続ける手堅い投資先として、エネルギーセクターを推奨する。

とりわけモルガン・スタンレーは最新の調査レポートで、イギリスと欧州連合(EU)諸国のエネルギー大手の2021年第4四半期(10〜12月)業績にスポットライトを当てている。

同社チーフストラテジスト(コモディティ担当)のマーティン・ラッツらは次のように分析する。

「欧州の石油・ガスメジャーにとって、2021年は歴史に残る1年でした。フリーキャッシュフローは史上最高水準に達し、バランスシートも急速に改善、株主への年間配当額が増え、(机上の空論とされてきた、再生可能エネルギーへの)エネルギーシフト計画も具体化してきています」

あわせて読みたい

Popular