無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NASAの新しいX線観測衛星、最初のターゲットは超新星の残骸

超新星残骸 「カシオペアA」 のこの画像は、X線偏光観測衛星によって収集されたデータ(紫)と、チャンドラX線観測衛星の観測データ(青)を組み合わせたもの。

超新星残骸 「カシオペアA」 のこの画像は、X線偏光観測衛星によって収集されたデータ(紫)と、チャンドラX線観測衛星の観測データ(青)を組み合わせたもの。

NASA/CXC/SAO/IXPE

  • NASAの新しいX線望遠鏡が最初の画像を撮影し、超新星からの強力な放射を捉えた。
  • X線偏光観測衛星「IXPE」は、ブラックホールなどの宇宙天体を研究するために打ち上げられた。
  • NASAの研究者は、IXPEを使用して、爆発した星の残骸から放出されるX線をマッピングしている。

NASAの新しいX線宇宙望遠鏡が最初の画像を撮影し、超新星爆発の電磁波の余韻を鮮やかに映し出した。

2021年12月9日にスペースXのファルコン9ロケットで打ち上げられたX線偏光観測衛星「IXPE(Imaging X-Ray Polarimetry Explorer)」は、その後1カ月間を機器の校正や宇宙環境に適応するために費やした。

データを収集する準備が整ったとき、ミッションの管制官は 「カシオペアA」 と呼ばれる超新星に望遠鏡を向けた。カシオペアAは、17世紀に爆発した星が残したガス雲の残骸だ。

最初の画像は2022年2月14日に公開された。ガス雲の幅は約10光年。可視光では上の写真のような見事な紫色ではない。これはNASAの研究者が、雲のどの部分でX線がどれだけの強さかを表現するために着色したものだ。

下の画像では、X線の強弱を表現するために、より広い範囲の色を使っている。

IXPEが2022年1月11日から18日にかけて撮影したカシオペアAの画像。ここでは、紫や青から赤、高温の白まで、さまざまな色でX線の強度を表現している。

IXPEが2022年1月11日から18日にかけて撮影したカシオペアAの画像。ここでは、紫や青から赤、高温の白まで、さまざまな色でX線の強度を表現している。

NASA

この星が爆発したとき、その衝撃波によって周辺のガスが過熱され、近くの粒子が加速されたため、X線で明るく光っている。このガス雲の中心のどこかに、かつての星の核が崩壊してできた超高密度な天体があるはずだ。それは、ブラックホールかもしれないし、中性子星かもしれない。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み