人々がリモートワークを続ける理由は、もはやパンデミックではない…最新調査で明らかに

リモートワーク

Westend61/Getty Images

  • なぜ多くの人が、オフィスに戻るのではなく、リモートワークを続けたがるのか、ピュー・リサーチ・センターのレポートが明らかにした。
  • 新型コロナウイルスに感染する恐れが少なくなっても、リモートワークをする人が多いのは、この働き方を好んでいるからだ。
  • リモートワークをする主な理由として、パンデミックによるオフィスの閉鎖を挙げる人の数は減少している。

新型コロナウイルスのパンデミックの間に、オフィスのスペースが減少したわけではなく、そろそろ社員が戻ってくると考える企業もあるだろうが、多くの社員はリモートワークの魅力に取り付かれている。

パンデミックはまだ終わっていないが、COVID-19への感染の恐れが、リモートワークをする主な理由ではなくなってきているようだ。むしろ、単にリモートワークが好きだからという理由で、この働き方を選択する人が増えている。

ピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)が行った調査のレポートによると、オフィスに行かないことを自ら選択した人が61%、オフィスが閉鎖されているか、利用できないためにリモートワークをしている人が38%だった。パンデミックの初期にはちょうどその逆で、オフィスが閉鎖されたためにリモートワークをしていると答えたのが64%、リモートワークをしたいからそれを選択していると答えたのが36%だった。

この調査は、2022年1月24日から30日にかけて、アメリカの成人1万237人を対象にしたものだ。その中の主に1つの仕事に就いている5889人の調査結果に基づいて、上述のリモートワークを選択した理由に関する分析が行われている。

さらに、オフィスへの通勤がすでに可能になったにもかかわらず、すべてあるいはほとんどの時間をリモートワークしている労働者にその「主な理由」を尋ねると、76%が単に「この働き方が好きだから」と回答した。2020年10月の調査で同様の回答をしたのは60%だった。また、「主な理由」として「新型コロナウイルスにさらされることへの懸念」と回答したのは、2022年1月の調査では42%で、2020年10月の57%と比較すると大きく減少した。

18歳未満の子どもを持つ労働者で「主な理由」として「子どもの世話」と回答したのは、2022年1月の調査では32%で、2020年10月の調査での45%と比較すると減少しているものの、まだ一定数の労働者がその理由でリモートワークをしていることがわかる。

ピュー・リサーチ・センターのリサーチ部門アソシエイトディレクターで今回のレポートの共同執筆者であるジュリアナ・ホロウィッツ(Juliana Horowitz)は、「多くの人がリモートワークをうまくやっていることが明らかになった」とInsiderに語っている。

「リモートワークへの移行が一気に進んだ2020年の時点からすでにその傾向が見られ、多くの人は、自宅で仕事をするために必要なものを揃え、締め切りを守り、生産性を上げ続けることは簡単だと考えていた」

また「現在もその傾向は続いており、多くの人がリモートワークは仕事と家庭のバランスを取るのに役立つものだと考え、パンデミック後も続けたいと考えているようだ」とホロウィッツは付け加えた。

オフィスでの仕事と同様、リモートワークにも利点がある

レポートによると、リモートワークが可能なアメリカの労働者のうち、2022年1月の調査で「すべてあるいはほとんどの時間をリモートワークしている」と回答したのは59%で、多くのオフィスが閉鎖されていた2020年10月の71%と比較すると低下している。リモートワークは育児と仕事を両立している親や、通勤時間を節約したい人にとって理想的な働き方かもしれない。今回の調査の回答は、他にもリモートワークのポジティブな点を指摘している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み